ここから本文です

投票受付終了まであとわずか ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

死後の世界がないのであれば、 生物が死を経験できないのは 常識ですが、改めて ...

yh_********さん

2019/9/223:07:52

死後の世界がないのであれば、
生物が死を経験できないのは
常識ですが、改めて
生物が「死んだ」ときの
表現について、質問します。

例えば、
A山B子さんが「死んだ」とき、
当人が死を経験したことを、
含意するかもしれ

ない、

「A山B子さんは(が)死んだ」

という表現は、用法としてはともかく、
文法等の観点から見て、正しいですか?

補足「A山B子さんは(が)死んだ」という表現は、
間違っているとも言い得るのでは
ないでしょうか?

閲覧数:
95
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/9/417:57:12

言っている意味がよく分からないけど。。。

「A山B子さんは(が)死んだ」とは、第3者が、A山B子さんの生命活動の終わりを観察したことを意味する文であって、間違ってなんかいないわよ。

dea********さん

2019/9/314:43:47

「あいつは俺のことが好きだ」という文に文法上の間違いは無いように、
「〇〇は死んだ」も文法上の間違いは無いと思います。
(事実かどうか、対象がどう思っているかは別の話)

間違いだと思う理由や例がよく分からないので、そこを挙げてもらえれば分かるかもしれません。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる