ここから本文です

100億円かけて遮熱舗装された東京五輪のマラソンコース、 真夏の熱砂の東京でヒ...

100億円かけて遮熱舗装された東京五輪のマラソンコース、

真夏の熱砂の東京でヒートアイランドと、路面コンクリートの蓄熱を防いで

マラソンランナーのストレスを和らげるための遮熱舗装!?

でも確かに遮熱舗装は熱を持つ赤外線を反射させるので路面の温度は下がるけれど、

遮熱舗装で反射された熱が地表から1m~2mのところですごく高温地帯を形成する!?

えーっ!?

それじゃー、遮熱舗装って道路を歩く人にとっては、
「灼熱舗装」になってるんじゃーないでしょうか?

いかがでしょうか?

閲覧数:
44
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

inu********さん

2019/9/511:59:25

そうです。

オリンピック開催自体、大きな間違いですから当然の結果ですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/9/6 05:23:32

都市伝説ですね!?

皆様ご回答ありがとうございました。!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/9/513:30:45

100億かけて逆のことやっちゃったってこと!?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる