ここから本文です

「桃太郎」から得られる教訓って、何だと思いますか?

***********さん

2019/9/605:35:05

「桃太郎」から得られる教訓って、何だと思いますか?

閲覧数:
462
回答数:
41
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ino********さん

2019/9/902:17:53

桃太郎ですか。今は昔ですね。

子供たちは夜になると決まって、離れの隠居部屋に
「おじじ」の昔話を聞きに集まったものです。

布団の中で聞きながら寝てしまい、朝には
不思議と自分の寝室で目が覚めるのです。

その話は、
何度も何度も同じ話を聞くものですから、
自然と「おじじ」の口調が判るのです。

で、そろそろ、名文句の時期に近付くと、皆が、
「来るぞ、もう来るぞ」と「ぞくぞく」しながら、「おじじ」の

名文句を待つのです。
「うんだら団子、きび団子。きゅうりの漬物に山椒味噌」

何の意味かも分からずにですが、
今だに忘れる事のない名文句であります。

きびで作った団子は、貧しい食べ物の象徴で、「節約」を
猿つまり、「知恵」を、
そして、犬、つまり恩を忘れない「報恩」を、

最後の雉(きじ)、つまり、「勇気」が
備わっていることが大事なのだと。

でもさ、猿で智慧とか、犬で恩を忘れない・・・は何とかわかるのですが、
最後の雉(きじ)の勇気、ってのがよくわからなくて、
「おじじ」に聞いた事があります。

「おじじ」の話によれば、
雉は卵を温めているところに蛇が近づくと

牝雉は蛇を追うと同時に牡雉にも、卵が狙われていると危険信号を
送るのだそうで、

そして、素早く、卵の抱え役を交代し、
やがて、蛇が来て、牡雉の体に巻きつき(こうすれば、他の鳥たちは
卵を見捨てて巣から飛び立つのだそうですが)

猟師の話では牡雉は
自分の体を巻かせて、一気に羽ばたき、
その力で、蛇の体を「ちぎってしまう」のだそうです。

雉は他の鳥と違い助走なしで、直線状に飛び立てるのも、
その強力な「羽ばたき力」のなせる業(わざ)なのだそうです。

「ゆっくりと体に巻きつかせる勇気を
猟師たちは知っているのだそうです。

「ふーん。蛇が巻き付くのを我慢するってすごい奴だなあ」と
感心したものです。

贅沢もいい加減にして、目的完遂には智慧と恩(忠)と勇気か?
なんてね、

今は、昔の話でした。

質問した人からのコメント

2019/9/13 03:15:45

かぐや姫、竹と一緒に 真っ二つ

っていう戯れ句がありましたね。
桃は柔らかいからその点、安心ですね。

今ひとつ存在感がアピールできてなかったキジさんを紹介してくださったこちらさまにBAを。

皆様、たくさんのご回答、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/40件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ric********さん

2019/9/1015:31:36

人は食い物で仲間に出来るw

2019/9/1007:05:47

桃を包丁で切って、桃太郎まで真っ二つになったらどうしましょ。

甘えたいさん

2019/9/917:34:00

子供に聞かせるのであればわかりやすくて斬新なものが良い

アバター

ID非公開さん

2019/9/910:42:08

一方、お婆さんにスルーされた桃次郎は桃ごと腐っていった。何事も運である。

(鬼に拾われていたら面白いことになっていたかも知れない)

hap********さん

2019/9/909:50:30

見極める力、行動力。
ばあさんが、とっさの判断で大きな桃をgetしたから桃太郎を我が子にして、鬼太郎させて平和な生活と財産まで手に入った。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる