ここから本文です

今後、最もAIに取って代わられる可能性がある士業と、逆に最も 代わられる可能性...

lei********さん

2019/9/705:55:24

今後、最もAIに取って代わられる可能性がある士業と、逆に最も
代わられる可能性の低い、将来安泰と言える士業は、それぞれ、
どの士業だと思いますか?

(士業と言えば、弁護士、税理士、社会保険労務士、司法書士、
行政書士、土地家屋調査士、弁理士、海事代理士、の8つを指す
と思いますが)できれば、理由とともに、お願いいたします。

閲覧数:
126
回答数:
8
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lul********さん

2019/9/712:21:15

AIを勘違いしている人が多いですが、それらの業務が取って代わられるとしたら、人の仕事なんて一つもありませんよ。

それに士業を知らないで単純な事務作業だと考えている人が多すぎです。

AIは学習させなくてはいけません。それによって色々なパターンを学習していきます。

しかしその学習の際にこれが正しいとかこれとこれは関係があると結びつけを行なうのは誰でしょう?人です。エンジニアです。

そうすると士業の仕事は誰が教えるんですか?エンジニアが教えられるレベルなら、士業である必要はないですよね?

そういう人だからこそできるパターンがあるから、士業は成り立つんです。誰でもパターンしかないならそもそも士業は成り立ちません。

エンジニアが士業の方から教わりながらAIに学習させることはできます。しかし本人でもそんな全部のパターンを考えるのは難しいのに言われた通りにしているだけで理解してないエンジニアがAIに教えても間違えた方向に学習させてしまう可能性があります。

またAIは一度誤った方向へ向かうと人間とは違いとてつもない方向に行ってしまう可能性があります。人間よりもブレ幅は大きいです。

こういったときにそれを監視するのは誰でしょうか?人です。ですが知らないうちに少しずつズレてた場合にはその分野の知識がない人では気付かずそのまま進めて、気づくレベルにきたときには手遅れだったりします。

コンピュータって間違いを犯さないと勘違いされがちですが違います。コンピュータを間違わない方向に作るには裏でとてつもない人間の努力が必要なんです。

AIが得意なのはデータから統計を出すことです。言いかえれば確率が高いものを選ぶことは得意です。ですが100%の作業や0からものを作るのは難しいです。

Google翻訳をみてください。正しい翻訳って出ますか?あれをコンピュータは間違えてると思わないからああいう結果を出すんです。
では誰がそれが間違えてるかを教えるかといえば人間です。しかしそれが人に教えるよりめんどくさい。その間違いを正すと人間では絶対に起こらないようなもので勘違いを起こす可能性があるんです。

自動ドライブなんてずっと前から騒がれてますが、未だ完全なものは実現に至ってませんよね?
車の運転なんて殆どの人がしていて運転操作自体は至ってシンプルなものですよ?専門家に聞く必要もないものです。

それで実用化に至っていないのですから、専門的な知識が必要なものに関しては気が遠くなるような労力が必要です。

ですので士業なんて遠い未来の話です。そしてその世界になったときは人間はAIにコントロールされています。
理由は細かいパターンがあるよりものよりもAIは失敗が許容できるレベルの曖昧なものを数値で判断する方が得意だからです。

つまりは管理者、経営者的な仕事、コンサルタントのようなもので判断を下すことが一番適正があり、それによりコンピュータがやりやすい業務に全てを置き換えることから始まると思うので世の中は既にAIに支配されているような状態となります。

質問した人からのコメント

2019/9/11 11:30:30

皆様の回答、大変参考になりました!ありがとうございました!

Yahoo!しごと検索で探してみよう

弁護士 の求人情報(11,575件)

弁護士秘書経験者が選ぶ人気求人がコレ!年収500万も可能!
  • 株式会社レックスアドバイザーズ
  • 正社員
  • 年収350万円〜500万円
  • 東京都千代田区
enウィメンズワーク
法務、特許
  • 株式会社F2F
  • 正社員
  • 年収600万円〜900万円
  • 東京都
イーキャリアFA
支店パートナー弁護士 【全国エリア希望に応じて選考可】...
  • 弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所
  • 正社員
  • 年収600万円〜
  • 東京都港区西新橋
マイナビ転職エージェントサーチ
【正社員×事務×札幌市中央区】事務職で正社員になりたい方...
  • パーソルテンプスタッフ(株)
  • 正社員
  • 年収270万円〜
  • 北海道札幌市・その他の勤務地(1)
ジョブチェキ!
【東京駅 丸の内】日本有数の大規模法律事務所における将...
  • ~創業1949年 日本大手法律事務所~
  • 正社員
  • 年収900万円〜1,200万円
  • 東京都千代田区丸の内
en ミドルの転職
法務(その他) 社内弁護士/社内司法書士
  • 株式会社ストライプインターナショナル
  • 契約社員 正社員
  • 年収325.4万円〜900万円
  • 岡山県岡山市北区
CREATIVE JOB
法律事務所アルバイト秘書の募集
  • 多湖・岩田・田村法律事務所
  • パート・アルバイト
  • 時給1,050円〜1,150円
  • 東京都千代田区麹町
多湖・岩田・田村法律事務所
人事労務担当【多彩なキャリアを描けます】
  • 株式会社ベリーベスト
  • 正社員
  • 年収350万円〜650万円
  • 東京都港区六本木
パソナキャリア
第25回 次世代育成支援事業 講演会
  • 勤労青少年協会
  • 正社員
  • 非掲載
ボラ市民ウェブ
【弁護士】 未経験OK アットホームな雰囲気のお店です
  • サポートレンタカー
  • パート・アルバイト
  • 時給900円〜
  • 岐阜県笠松町
an(アン)

もっと見る >>

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lig********さん

編集あり2019/9/921:22:45

簡単な作業的な仕事はだんだん減少するでしょうが「そうゆう仕事は今でも士業に依頼する人は少ない」
普通に考えて
半世紀ほどでは無くならないでしょう。
アラレちゃんを賢くした様なロボットが実用化されるまではw

tak********さん

2019/9/919:17:11

AIにとってかわられっるほど士業は単純ではありません。
社労士ですが労働者の要求ってホント十人十色なんで、
無理でしょう。

それででも本気でAIをもってしても変わることができないのは
ダントツで弁護士でしょうね。
事件や訴訟はあの手この手法律ンの穴を探して
穴をふさいで、塀を作っての繰り返しでしょうからw

弁護士さんの書いた書類を見たら
頭がいいとはこういうことであるかと思うほど
大量の内容を記載してあります。

nik********さん

2019/9/722:48:40

その資格すべて知っているわけではないので
何とも言えませんが、手続き・事務処理等定型的な
業務ではあるが専門的知識を要するものはとって
変わられる可能性はありますが、複数の利害関係者
間の調整等も要するとか、顧客企業の問題点を
正確に把握し、よりベターな方策を提案し、その後
も定期的にヒヤリングを行うなどのコンサル的業務
はAIに適しません。
各士業で、前者業務しかないのであれば、とってかわ
られるかもしれませんが、後者比率が高い場合は
存続するかと。
それにしても、なんちゃって評論家、ジャーナリスト
などあほどもがAIで世界は変わる、職業がとってかわ
られるなど喧伝しすぎなんですよね。
著書・講演狙いかもしれませんけど。
一番アホだなと思ったのは、AIで裁判官が要らないと
いうなんちゃってジャーナリスト。
裁判知らないんだろうね、なんちゃってだから。

kou********さん

2019/9/713:29:16

最もAIに取って代わられ易い仕事
一位 税理士
理由 現に会計ソフトに切り替える経営者が急速に増えているから。

AIに取って代わられにくい仕事
一位 弁護士
理由 当事者ごとに複雑に軽重異なる複数視点からの利益衡量を行わなければならないから。
例えば離婚のとき、親権、慰謝料、財産分与、面会交流、養育費、帰責性、当事者感情その他諸々の事情を含めた最善策の提案は、他の士業の仕事よりもAIが苦手とする仕事ではないでしょうか。

yam********さん

編集あり2019/9/709:56:49

20年程前に、戸籍と個人情報は全て役所に管理されて、司法書士は必要無くなるのではないか?という話しがありました。

現時点では確かに、法定相続証明制度はあるが、それらを申請しているのは士業の人達です。

しかも、デジタルの情報ではなく、アナログで作成されたものを、法務局の職員がわざわざチェックし証明とします。

しかも、間違いや余計なものは、自分達で修正液で消しています。

データは記録されていても、所詮はアナログなので、人が介在しないと仕事にならないというのが現状です。

よって、AI化によって士業の仕事が無くなるのではなく、仕事の中身としての一部分のみが、AI化になるという見方のほうが正しいかと思います。

訴訟するには人が介在しなければならないから、弁護士がAI化によっても無くならないとか、かと言って単純な経理処理を中心とした税理士が無くなるとか、そんなことは無いと思います。

日本は税法上も特殊な国なので、相談する相手がいなければ、それはそれで困る人がいます。

中小企業診断士はコンサルタントなのでAI化は簡単に出来ないというのも、データとしてはかなり軽率な判断です。
何故なら、経営判断そのものもAI化することにより、人が介在しなくともデータとして結果が表示されれば、ある程度は目的は達成される可能性があります。

経営判断やコンサルタントのような、人だけが介在する仕事だけは生き残る、という根拠はある意味幻想に過ぎないと考えます。

何故なら、営業も情報がそれなりに浸透してしまう世の中になれば、必要性も無くなるからです。
新聞配達の勧誘員も、ひと昔程来なくなったのもそのためです。

難しい仕事、単純な仕事だからの区別だけではAI化の比較の是非は問えません。コンピュータはより難しい計算処理を行えるし、それらを判断するのも人間なので、場合によっては難しいと言われている仕事こそ、将来は減少する可能性もあるからです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる