ここから本文です

現代音楽はできてからかなりの年数が経ちましたが、いつまで現代音楽という名前の...

アバター

ID非公開さん

2019/9/1214:58:34

現代音楽はできてからかなりの年数が経ちましたが、いつまで現代音楽という名前のままなのでしょう?

閲覧数:
46
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gdj********さん

2019/9/1216:00:38

それは50年代から60年代あたりにできた音楽にどうして「現代」の名を付けるのか?という問いだろうか。

さすがにできてから半世紀以上経っているのに「現代」はおかしい、さりとて「現代「」のひとつ前の歴史用語は「近代」であり、これは1900年代~1930年代ぐらいの音楽が専売特許を取ってしまっているので空席がない。

となると通常は「戦後の音楽」とか「20世紀の音楽」などと言って現代と近代の間を埋めるようにしている。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

bur********さん

2019/9/1413:01:39

音楽でいうとシェーベルク以降、音楽のありようが変わったようで、そのスタイルのことを現代音楽、とざっくり表現しているようです。ちなみにシェーベルクは現代音楽の中の古典だそうで。

具体的にそのスタイルとは、内面の発現や均整のとれた美しさなどを目指すものでなく、発想の奇抜さや新しさを追求し、音楽そのものの枠組みを見つめるようなものだと個人的に解釈しています。

つまりはシェーベルク以降はずっといつまでたっても現代音楽、なのではないでしょうか。
しかし作曲業界にまた新しい大きな変化がもたらされれば、またそれは新たな名前がつくかも知れません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる