ここから本文です

同じテーブルゲームの囲碁や将棋と比べて、麻雀のすぐれている点はどういうところ...

アバター

ID非公開さん

2019/9/1421:41:19

同じテーブルゲームの囲碁や将棋と比べて、麻雀のすぐれている点はどういうところだと思いますか。

私は、
「初心者でも何年もやっている人に勝てることがある」
点だと思います。
囲碁•将棋では、何億回対局しても、初心者が有段者に勝てるとことはないので。

閲覧数:
136
回答数:
11

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ともへいさん

2019/9/1501:43:44

・たまには、強い人にも勝てる事がある点
・一対一ではなく3人4人でも出来る
・運の要素もある点
・時間が、そんなに長引かない
・ある程度のレベルには誰でもすぐに到達できる

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/9/1914:32:35

将棋って同じような実力の相手と買ったり負けたりするのが楽しいわけで、とてつもなく強い相手に負け続けるんじゃ面白くありませんし、弱い相手に勝ち続けてもそれはそれで飽きちゃいます。
この実力の近い相手を探すのが大変なんですよね。
その点麻雀って割と誰とでもできますし、勝ち負けの可能性ってそんなに偏らないんですね。
もちろん負け続けることもありますけど、「それはツイてなかったんだ」なんて諦めも付きますし、将棋で上位者に勝つほど絶望的な確率にもならないんです。
適当に集めたメンツでも楽しめるってのは麻雀の楽しさです。

tak********さん

2019/9/1613:34:50

良くも悪くも捉えられがちですが、
不可視要素が多いこと
運の要素がある
基本ルールを覚えれば初心者でも上級者でもある程度対等。
セオリーがない(将棋でいう穴熊や居飛車)

タンタンさん

2019/9/1521:39:14

既に何人か回答されていますが、推理力を要するゲーム性だと思います。
例えば、南家なら配牌時に見えていない牌は122枚。そこから1回ツモる毎に1枚ずつ減っていき、海底牌をツモった時点でも52枚の見えない牌があります。
配牌時で約9割(122/136)、海底時で約4割(52/136)の見えない牌を推理し相手の手牌を予想する難しさ。この点は囲碁や将棋よりも勝っていると思います。

ono********さん

2019/9/1513:02:46

すぐれている点というか、麻雀には運の要素がある。

fdg********さん

2019/9/1512:42:51

マージャンは短い時間でできる、という意見があるが、これは違う。
将棋は素人だと大体1局45分ぐらい。
マージャンだと、初心者だとハンチャン 1時間30分ぐらいかかる。
ハンチャンでは終わらない。マージャンのほうが時間がかかる。
徹夜マージャンということばがあるくらい、長時間の暇があるときしかできない。

マージャンのいい点は推理力か、注意力が養われること。
ま、これは将棋でも同じか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる