ここから本文です

なろう小説に対して「ゲームの世界じゃないのにステータスが見れるのはおかしい!...

tak********さん

2019/9/1523:30:15

なろう小説に対して「ゲームの世界じゃないのにステータスが見れるのはおかしい!」
という意見がありますが、ステータス許容できない派の人は魔法や異世界はなぜ許容できるのでしょうか?

逆に、私たちはなぜ、ゲームのステータスなどの仕様に対しては
「ゲームだから」という理由で許容できるんでしょうか?
なろう小説のステータスも、「そういうもん」と考える人もいますよね。

※私としては特にどっち派とかではなく、ただ単に理屈っぽく定義を考えるのが好きなだけです。

閲覧数:
87
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sem********さん

2019/9/1623:40:48

ゲームのステータスは管理するのに必要だから無いと不便ですよね

で、異世界で魔法というのも、その世界に適したエネルギーを用いる手段と考えれば別に不思議ではない訳です
ステータス魔法も、医者が患者にかけて状態を知るとかなら、必要性もあり有用な魔法だと思います。また自分の状態を知りたいと試行錯誤して編み出したとかなら別にいいのですが、よくある、なろう系のレベルや能力値、称号やらスキルが現れた時に、コレは誰かが管理してるのだろうか、あるいは自分は本当はゲームキャラじゃないのかという疑念は生まれないのだろうかと思ってしまうのですよね。
それがストーリーの核心で触れられるというのならば、仕掛けとして納得すると思います。

質問した人からのコメント

2019/9/20 18:03:57

なるほど、
ちゃんと説明があればいいという事ですか!
ベストアンサーにさせてもらいます。

他の方の意見の単純に慣れの問題というのも少し納得しました
皆さん意見ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nao********さん

2019/9/1717:48:50

個人的には慣れないからですね。
色々とファンタジー作品を読んできましたけど、キャラクターの力量をステータスで語る作品は最近の作品が多いです。
強大な魔力を持った主人公も「凶暴なドラゴンが恐れて道を譲るほどの魔力」「手をかざした時に視えるオーラの色で重症度が分かる」といった感じで表現されていました。
さらっと作中で「Sランク」や「レベル99」などとステータスで表現されてしまうと、無味乾燥な感じがするので好きになれないです。

ゲームの場合は、プレイヤー(自分)がキャラクターを育てる為に必要な資料としてステータスがあるから気にならないんだと思います。

abe********さん

2019/9/1619:46:22

ちょっと返答しかねますね。
範囲が広すぎて、応答するにも内容が絞り込めないです。

多分ですけど……異世界と言う文字を見た時の捉え方の違いでしょうね。
どちらとも剣と魔法の世界・中世ヨーロッパの文化水準の世界と考える。その上で

異世界をゲームの様に考えるならステータスはアリと考えるでしょう。

異世界を過去にあった歴史を踏襲すると考えるならステータスはオーパーツ並みに異物と言うか受け入れられない存在だと思いますね。

ite********さん

2019/9/1610:05:56

そういうのが見える理屈が欲しいって話じゃ無いかと。

ただ、ステータスって戦力差を表すために数字を使っちゃってるので、ネタとして使ってないなら、筆力不足を誤魔化しているようにしか見えないんですよね。
(キン肉マンの超人強度とか、ドラゴンボールの戦闘力なんかは完全にネタ)

プロフィール画像

カテゴリマスター

hi_********さん

2019/9/1606:22:12

ステータスが見れるのおかしくないんじゃないの?
健康診断に行けばいろいろな何だかよくわからない数値が出てくるし。単にファンタジー作品だから現実にはない数値があるってだけだと思うけど。
それと一緒だと思うけどね。

ゲームはプレイヤーがいるのでプレイヤーに数値としてわかりやすく表現してるだけなのでゲームはゲームですからね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

cho********さん

2019/9/1600:07:21

VRMMOやゲームの異世界化以外のファンタジー世界でステータスなどがある作品も、初期の頃は「地球のゲームやアニメにかぶれた神様が分かりやすいようにそういう法則のある世界を作った」などの理由づけが為されていました。

しかしなろうでは流行った要素を遠慮なく真似する風潮があり、さらになろうにおいて一般認識となった要素は説明なく登場させるという風潮もあります。
それ自体はなろうを読み慣れた読者にとっても話が早いというメリットもあります。

>ステータス許容できない派の人は魔法や異世界はなぜ許容できるのでしょうか?
ステータスを許容できない人は、そういったなろうの歴史を知らないか、作品単体の完成度(というか独立性)を重要視する人なのでしょう。
魔法や異世界要素はなろう以前から一般常識となっているものであり、今更そこへの疑問は湧かないのではないでしょうか。
……ファンタジー作品がこの世に誕生したばかりの時代では、そういった反発がファンタジー作品に向けられていたかもしれません。

>私たちはなぜ、ゲームのステータスなどの仕様に対しては
>「ゲームだから」という理由で許容できるんでしょうか?
基本的にゲームのステータスはプレイヤーに見えているだけで、その世界の中で生きているキャラクターたちは自分の能力を数値として認識しているわけではないと思います。
中にはキャラクターが自分の能力を数値で認識しているゲームもあるかもしれませんが、その場合は何らかの理由づけが設定されているのではないでしょうか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる