ここから本文です

最近まで重力波は、電磁波の一種かと思い込んでいました。 でも違うと聞いた時す...

oua********さん

2019/9/1612:16:00

最近まで重力波は、電磁波の一種かと思い込んでいました。
でも違うと聞いた時すごくショックを受けました。

間違えて覚えていた事がショックじゃなくて

それが電波の一種じゃなければ何の種類なんだ????????
ってショックを受けたのです。

ということで質問です。

一体、重力波とは何の種類の波なんでしょう?

よろしくお願いします。

閲覧数:
79
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アビ教官さん

2019/9/1616:02:34

電磁波と重力波は、どちらも媒質は素電子プラズマですが、伝わり方が違います。電磁波は、以下に示すように、縦波とも横波とも違う特殊な波であり、重力波は、素電子プラズマという弾性体を伝わる弾性波で、縦波と横波があります。縦波と横波を分けて検出出来たらもっとすごかったのに(詳しくはこちら
https://okwave.jp/qa/q9626035.html
の参考URL内参考URLの各本文及び補足全10参照)。

空間は、素電子プラズマで満たされている。素電子プラズマは、光を伝搬させ、物質を生み出し、重力と質量を発生させる。素電子プラズマはマルチマターである(素電子については過去の質問
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/11029654.html
の本文及び補足全10を参照してください)。

(1) 電子の赤道周囲は電場になっており、電場を形成する素電子の自転軸は、電子を中心に、放射状に並んでいる。

(2) 電子が画面奥に動くと、その影響で、素電子の自転軸が、90度回転して同心円上に並び、電場aは電磁場になり、その場に取り残される。

(3) 素電子の自転軸が更に180度回転してa の磁場が反転する。電磁場aは、陰電素を画面奥から手前に吸い込む。電磁場aに吸い込まれた陰電素は、電気斥力で反対方向に分かれて電流b,cになる。電流cは電場dを生成する。

(4) 電磁場aは、電流b,cにエネルギーを奪われ、電磁気力が減衰して崩壊する。b,cは磁気力で閉じて環電流になる。dは電磁場になる。

(5) dの磁場が反転する。電磁場dは、環電流cを減衰させつつ電流eを生成する。電流eは電場fを生成する。

(6) b,cは流れが止まり、磁気張力で収縮する。電磁場dは、電流c,eにエネルギーを奪われ、電磁気力が減衰して崩壊する。eは環電流に、fは電磁場になる。

(7) b,cは電気斥力で破裂崩壊する。fの磁場が反転する。電磁場fは、環電流eを減衰させつつ電流gを生成する。電流gは電場hを生成する。

光は、電場と磁場ではなく、環電流と電磁場が、互いに相手を生み出しながら進む波である。

光子という「粒子」の衝突により電子が叩き出されるという光電効果のイメージは間違っている。光電効果は、光の構成要素の電磁場が、電子を吸い込んで弾き飛ばす現象である。

電磁波と重力波は、どちらも媒質は素電子プラズマですが、伝わり方が違います。電磁波は、以下に示すように、縦波とも横波...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

若竹彦さん

2019/9/1620:49:22

重力波干渉計で、重力波を観測出来るのかを記させて頂きます。

重力により引き合う粒子であるクォークとレプトンは、自転することで重力波を生じます。

自転は、遠心力が常に掛るので加速度運動です。直線の加速度運動で常にGが掛るのと同じです。

2つのブラックホールも元々重力波を発生しており、また合体した後のブラックホールも重力波を発生します。

しかし、合体直前、2つのブラックホールが光速に近い速度まで加速した際に放出された重力波は膨大なものです。太陽の約3倍の質量が、その瞬間重力波として放出されたと考えられています。

ですから、2つのブラックホールの重力波(小)→合体直前の重力波(大)→合体後の重力波(小)と今回観測されたのです。

物質である地球自体が、重力による潮汐力により水平方向に伸びます。ですから、当然2本のレーザー光は同時には戻りません。

2本のレーザー光は同時には戻りませんでした。そういう結果が出ただけです。

しかし、重力による潮汐力により水平方向に地球が伸びるので、当然2本のレーザー光は同時には戻りません。

ですから、重力は重力波によるのか重力子(グラビトン)によるのか、結論は出ていないと思います。

ブラックホールの合体により、太陽の約3倍の質量が重力となり放出されたとされています。
その重力が地球に届き、今回観測されたのです。

地球のブラックホール側と反対側とでは、重力源までの距離が異なるので、重力の強さが違うのです。そのため、地球のブラックホール側が反対側よりも強く引っ張られ、地球は伸びるのです。

当然、装置の水平方向も伸びます。その為に、2本のレーザー光は同時には戻らなくて当然です。

「重力波は本当に観測されたのか」について、ホームページに纏めました。是非ご参照下さい。
http://catbirdtt.web.fc2.com/zyuuryokuhahakannsokusaretanoka.html

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

har********さん

2019/9/1618:58:27

重力の影響で時空間が歪むことは観測されています。アインシュタインの予言ですが、最初は太陽の近くを通る星の位置がずれることで証明されました。ふつうだと太陽と星は同時には見えませんが、日食の時に観測されました。最近では重力レンズの効果により暗黒物質の存在が観測されています。アインシュタインは重力は時空間の歪みとして現れると解釈しました。
つまり重い物体の周りの空間は歪んでいるのでが、突然それがなくなったり、重い中性子同士がぶつかったりすると歪みの具合が突然変わり、その変化の影響が波として伝搬していきます。つまり重力の変化の影響が伝わる。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ran********さん

2019/9/1612:38:33

LIGOが観測したと言う重力波はSLFという電波です。そもそも、重力波は存在しません。空間も数学的概念で、自然界にはないものです。重力レンズは恒星の近傍にある星間物質による屈折率の変化で説明できます。

もういいかげん相対性理論を廃棄しないと、宇宙旅行できませんよ。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yos********さん

2019/9/1612:16:50

時空の歪みです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる