ここから本文です

ロシアのプーチン・ドクトリンの根幹、野望とはNATOの東方拡大阻止とEUの分断でし...

cai********さん

2019/9/1912:06:23

ロシアのプーチン・ドクトリンの根幹、野望とはNATOの東方拡大阻止とEUの分断でしょうか?

そして米国のユニラテラリズムに対し、大国として矜恃を貫くことでしょうか?

閲覧数:
53
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/9/2322:17:28

ロシアのモスコータイムズの論文でもロシアの爆薬庫のクリミア半島のロシア編入を両院に提案したして以来プーチン大統領の姿勢は2000年位から変わらない様です
主に軍事力とロシアの経済力?での力で独占を背景に旧ソ連の特殊な権益を死守したいという野望の変化は少ないと診られているのでしょう

出典
アメリカン・エンタープライズ研究所 ロシア研究
https://www.foreignaffairsj.co.jp/articles/201304_aron/

NATOの東方拡大とロシア
これは、プーチンにとって面白くない状況でしょう
眼の上のたんこぶでもあったウクライナ問題やロシアと接する国や民族問題もまだ解決した訳ではなく、かつて追い払ったゴルバチョフ問題より大きいでしょう
ポーランド、ハンガリー、チェコの加盟を正式に承認し結果、ウクライナはNATO加盟国及びロシアとそれぞれ国境を有することになった
大小の民族や国家も未だ眼の上のたんこぶ状態でしょうから、ウクライナの他のにも
ハザラにタジク、トルクメンにタタールのイスラム問題も抱えているのでしょう
EUはイギイスの離脱で事実上分断されている様なもんでしょう、NATOについては意外と手ごわいフィンランド・スウェーデンは連携深めるいるのが現実で、今後のロシアのの経済にも影響がある可能性もあるので最大のたんこぶのアメリカのトランプ大統領とは仲良くしておこうくらいではないでしょうか
大国として矜恃としては、やはり経済の相場や「主にドルなので」は金銭は欲しいはでしょう
あとは、トランプ、の選挙の出方も重要でしょう
http://cc.nuis.ac.jp/library/files/kiyou/vol04/4_ozawa.pdf

質問した人からのコメント

2019/9/23 23:14:23

INFが失効したから米ロの核開発も精鋭化?

スウエーデン、フィランド、ノルウェーなどもイギリスと連携して対ロシア北海防衛の軍事戦略(NATOとは独立した)を画策している。

カテ別に回答者の知識、能力を試すのも俺の一つの妙味( ̄^ ̄)ゞ

ゆうらしい完璧な回答でした✌

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる