ここから本文です

起業がしたい23歳です。

アバター

ID非公開さん

2019/10/220:46:48

起業がしたい23歳です。

目的もなく上京し、ダラダラと水商売を
続けているのですが、ずっと起業したい夢が
ありました。

周りの起業されてるお客様等に話を聞いたり
書店で、起業、経営に関する本を何冊か買って
読んでみたりしたのですが、自分自身、漠然としすぎていて

どのジャンルがいいのか、主に何がやりたいのか
軸が定まらずであっという間に歳をとるばかりです


起業をするにあたって、自分の中で
曲げない信念や、これをやりたい、こうなりたいと強く思えて将来のビジョンを見据えられれば
いいのですが、特に思いつかず
普段生活してる中でなにかヒントを見つられるように意識しているのですがそこが定まらなければ
曖昧にも始められず、高卒なので学歴も無く
無知なので何をどうすればいいか分かりません



本当に真剣なので、まずどこから何を初めて見るべきかヒントを与えて頂ければと思い、質問しました
既に企業されている方、これからしようと思っている方は手始めに何をしたか、些細な事でも結構です


宜しく御願い致します。

閲覧数:
188
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

新井一さんの画像

専門家

新井一さん

2019/10/614:52:26

まず、リスクを小さくしておく方がよさそうですので、お金をなるべく掛けない、仕入れなどのない小さなことから始めてください。

アイデアでヒントになる質問は、たとえば、

●今まで最も時間とお金を使ってきたことは?
●朝までずっと話していられること、長文を書けそうなことは?
●人からよく褒められることは?

そんなことから、自分が好きなことや得意なことがわかってくることがあります。

難しく考えなくても、人が「やってほしい」と思うことをやってあげたり、「教えてほしい」と思うことを教えてあげれば、それが小さなビジネスにつながっていきます。

じっくりご自身の内面と向き合ってみて下さい^^

回答した専門家

新井一さんの画像

新井一

起業コンサルタント

稼ぎ力を引き出す起業支援キャリアカウンセラー

「会社で働きながら6ヵ月で起業する」 20年以上の経験、10000件以上の相談実績 一緒に考える起業支援キャリアカウンセラー 「会社で働きながら6カ月で起業する 1万人を教えてわかった成功の黄金ルール(ダイヤモンド社)」著者@新井一 https://amzn.to/2Yw...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

she********さん

2019/10/520:55:39

起業すると貧乏人がさらに貧乏になるから止めましょう

nek********さん

2019/10/420:27:24

あなたはまだ起業してはいけません。

下地、基礎もなく、資金も無い。
このまま起業すれば、
失敗して路頭に迷う代表選手のようなものです。

まず、100万貯金してください、一年以内に。
これが出来ないなら商売は無理です。
実行力とスタンスが、全くダメでという事ですから。

金を夢中で貯める途中で、なにかが自分の中が変わって来ます。
そこから何がしたいか、自分に出来る事は何か!
と考える所からがスタートです。

今はスタートどころか、スタンス(構え)さえも出来ていません。
まず、100万円を一年以内に貯める目標を達成してください。

san********さん

2019/10/313:09:37

私は、起業と言っても、大きく分けると2つになると思います。
一つ目は、今までにない商品やサービスを提供する商売です。二つ目は、今までにある商品やサービスを提供する商売です。
一つ目のものは、今までにない商売ですから、不確実性が大きいです。モデルケースがないため何が起こるかわからず高リスクです。但し、成功した場合の利益は、こちらは大きいです。世界的企業になる可能性があります。
一方、二つ目のものは、既存の商売ですから、モデルケースがあります。よって、リスクは低いですが、成功しても利益は少ない傾向があります。但し、規模を大きくすることでカバーできることがあります。
普通の人が目指すべきは、まずは、二つ目の既存の商売だと思います。そして、ほんとにやりたい一つ目の誰もやったことのない商売があるなら、それを二つ目の既存の商売から得た利益で始めるのが、あるべき姿だと思います。
よって、まずは、既存の商売で比較的簡単に儲かるものをやると良いと思います。
私の場合は、最初は不動産賃貸業でした。完全に既存の商売でモデルケースが沢山ありますからね。この商売の場合、参入障壁となるのは融資です。金融機関の融資なしに買い進められない商売です。よって、金融機関から好かれる人になる必要がありました。そして、私は、既存の商売の真似が得意と気付いたので、既存の商売の飲食業やコンサルなどのサービス業と広げていきました。一つ目のまだ世の中にない商品やサービスのを提供する商売が見つかればやりたいですが、それが見つからないのは、やはりその才能はないのかなと思ってます(笑)ご参考まで。

itt********さん

2019/10/221:33:32

物販、アフィリエイト、情報発信

再現性が高いと思われるビジネスです。競走過多な市場ですがきちんとやることをやれば食えるようにはなれると私は思います。
慣れてくると自分の型が出来たり成功体験や利益額から好きになるパターンもあるので、上記の以外でも自分の興味のあるものを始めてみてはどうでしょうか?

uld********さん

2019/10/221:26:29

とりあえず自分がこんなの欲しいと思った物を書き出してみてはどうですか。
その中で今販売されていない物がないか調べましょう。
それから他人に聞いてみて、使いたいと思うか、他に代わりになるものがあるか聞いてみましょう。その辺までなら割と気軽にできる気がします。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる