ここから本文です

アダム・スミスの見えざる手について質問です。

アバター

ID非公開さん

2019/10/423:40:12

アダム・スミスの見えざる手について質問です。

大学で自己利益を追求すれば最終的に社会が豊かになると学びましたが、そういう社会がどうも豊かには見えません。なにかを見誤っている気がするのですが、本当にアダム・スミスはこんなこと言ってるのでしょうか?

閲覧数:
16
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/500:09:47

はい。しかし注意しなければならない点が2つあります。

①スミスは別の『道徳感情論』という本の中で「人々が共感の気持ちを持っていないと社会は上手くいかない」という趣旨の主張を延々としています。つまり、スミスの主張は「道徳的な人間が利益を追求すれば〜」ということになるでしょう。

②スミスは「経済学」という学問すら生まれる以前の「哲学者」です。大昔の哲学者が言っていることなんて大した根拠もないお説教のようなものですので、見誤っていない方がおかしいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

yu_********さん

2019/10/500:07:19

市場の価格調整機能を「見えざる手」と説明していますが、それが直接的に社会を豊かにするとは言っていません。

市場の調整の結果、敗者は市場から退場(撤退)しますが、それは企業倒産や個人の投資の失敗という不幸な結果につながりますが、そうした問題は現代的な課題です。
そもそも、スミスの時代は産業革命の初期、資本主義の黎明期だったので、「市場の失敗」や「情報の非対称性」の問題は認識されていませんでした。
スミスの死後、資本主義は産業資本主義から金融資本主義へと進化し、さらに独占化や寡占化が進み、貨幣も金兌換から管理通貨(非兌換)へと進化し、企業も個人企業から株式会社に進化し、資本も個人投資家から機関(法人)投資家へと進化しました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる