ここから本文です

こんばんは。

TEEさん

2019/10/521:11:18

こんばんは。

交通事故について、弁護士の方や詳しい方へ相談があります。
今後どのようにしていけばいいのか。
結論から入りますと、腰椎椎間板ヘルニアになり、後遺障害として認定して頂いた方がいいのか?あとはどのようにしていけばいいのか?の2点です。

私は20代の被害者で、今年4月に自転車に乗って運転していたら、タクシーに轢かれました。
場所は相手の会社の駐車場から歩道に出た場所です。
笑いながらごめんなさいと何度も言われたままで警察を呼ばなかったので、私が呼びました。
幸い頭や首は強く打ちませんでしたが、整形外科にてレントゲンを撮り、むち打ちで全身打撲や捻挫になりました。
タクシー会社からは、人身事故ではなく、物損事故にしてほしいと言われましたが、人身事故に切り替えました。

保険会社からは、治療が完治したら連絡して下さいと何度も郵便でありました。
その為、通院しリハビリに励んでます。
頭痛もあり、6月に脳外科でCTを受けましたが、異常なしでした。
しかし、保険会社から連絡が何度かあり、症状固定で、なるべく早く示談したいと何度も話がありました。
その話が始まったのは事故から2ヶ月くらいです。
現在は事故から5ヶ月半くらいです。

しかし、仕事をしているにあたり、腰が悪化し、仕事もまともに出来ないと保険会社に伝えるとMRIを受けるよう言われ、受けた診断の結果、腰椎椎間板ヘルニアでした。
医師からは、今すぐには手術は必要ないと言われました。
私は福祉の仕事をしていてシフト制です。
今まで腰痛もなく、出来ていた仕事も、腰の痛みが酷く、仕事ができない日はシフト変更していただき、軽い業務しか出来ません。
足の痺れもひどく、立つ、しゃがむ、座る動作が厳しいです。

保険会社に腰椎椎間板ヘルニアと伝えたところ、協議し改めて連絡します。と10月の前半に連絡してくるとの事でした。

整形外科へはリハビリに行ける時は行ってます。

ですが、ここで相手方のタクシー会社から弁護士へ委任を受けたと法律相談事務所から通知書が来ました。

内容は症状固定に至っていると判断し、10月中旬頃を目処に治療費の支払いを終了させていただく事を検討している。

MRIの画像及び9月分の診断書を拝見した上で、最終的な結論をお示しする所存です。ということと

タクシー会社と保険会社へ連絡は控えていただき、今後は当職ら宛て書面にてなされますようお願い申し上げますと来ました。

腰痛が酷く、仕事もまともに出来なくシフト変更していただいたり、今現在痛みが引かず、これからもひどくなり手術をする時が来ると覚悟はしています。

また、現在福祉の仕事をしていますが、いずれ仕事が出来なくなるのかなと考えてしまいます。

治療を終わらせられたら困りますし、今後、どのように対応していけばいいですか?

やはり、治療は終了させられますか?
あと、後遺障害として認定していただいた方がいいんですか?

詳しい方、アドバイス等頂けたらよろしくお願いしますm(__)m

分かりにくい文章でしたら申し訳ございません。

閲覧数:
114
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/10/613:52:23

損保会社で人身事故の担当者をしています。

>今後、どのように対応していけばいいですか?

まずは現在の状況を正確に理解する(把握する)ことが大切だと思います。

現時点で事故日から9月(または8月)までの診断書・診療報酬明細書が、保険担当者の手元にあると思われます。

加害者側弁護士にお願いして、それらの診断書・診療報酬明細書(のコピー)を取り付けてみてください。

その後の対応は、診断書・診療報酬明細書の内容を確認してから考えることになると思います。

※薬局で薬をもらっているときは調剤報酬明細書、接骨院・整骨院に通院しているときには施術証明書も必要です。



>やはり、治療は終了させられますか?

治療を終了させられることはありません。

ただ単に治療費の継続的な支払いをストップされるだけです。

治療を継続したいとお考えであれば、自己負担で治療を継続することが可能です。



>後遺障害として認定していただいた方がいいんですか?

現在の身体状態が「症状固定」の状態であれば、後遺障害等級の認定審査に進むことになります。

逆に、現在の身体状態が「症状固定」の状態でなければ、治療を継続することになります。

前述の診断書・診療報酬明細書等を精査し、医学的な観点から検討しなければ、後遺障害等級の認定審査に進むべきかどうかを判断することはできません。

※症状固定=その傷害に対する治療の効果が、もうこれ以上は期待できなくなり、将来においても回復の見込めないもので、その症状が固定した状態



ご質問とは直接的な関係がありませんが...

一般的医学的知見においては、交通事故で(厳格な意味での)外傷性腰椎椎間板ヘルニアを受傷するような場合、(例外もありますが)その多くは椎体の骨折や脱臼を伴うとされています。

※※※※※※※※

厳格な意味ではない(=意味を拡大した)腰椎椎間板ヘルニアの場合には、その「腰椎椎間板ヘルニア」という言葉が、正確には何を意味しているのかを確認する必要があります。

※※※※※※※※

そのため、ご質問のようなケースでは、交通事故と腰椎椎間板ヘルニアとの相当因果関係は否定的(または、消極的)に考えられることが多いと思います。

MRI検査画像所見などを詳しく精査してみると良いと思います。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

質問した人からのコメント

2019/10/10 23:54:30

回答ありがとうございました。
勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

wws********さん

2019/10/612:15:08

半年で症状固定は普通の話。あと、腕の良い弁護士探そう、私は慣性の法則がわからないのが最初ついたのでクビにしました。

tan********さん

2019/10/609:21:13

外傷性の椎間板ヘルニアですか?

俺やでさん

2019/10/602:44:56

弁護士に依頼する
このケース額が額なだけに
相当な額請求できますよ。


一応1年経った後に医者に診断書もらって
後遺症診断の審査うけて

って流れですけど

まぁ弁護士いけば普通の倍以上貰えますし

仕事が出来ないことでの損害賠償も貰えるので弁護士に行くべきです。

もーふさん

2019/10/522:58:14

ご自身の自動車保険等で弁護士特約が付いているのであれば、弁護士を介入する費用も掛かりませんので、弁護士を入れた方がよさそうです。

その後の治療を継続するかしないかは質問者様の自由ですが、費用を保険会社が負担するかは微妙なところです。ヘルニアが事故に以前からあったもの(症状なしも含む)か、事故後になったのかで対応は変わってくるでしょう。保険会社は医療調査をして、上記について調べて交渉してくると思います。

後遺障害についても、申請することは質問者様の自由ですが、認定が降りるか降りないかは保険会社ではなく自賠責の調査事務所が判断します。認定にならなかった場合は、後遺障害の診断書料(1万円程)が通常自己負担になります。

保険会社事故担当者のアドバイスです。
上記の内容をふまえてご検討下さい。

nao********さん

2019/10/521:35:47

弁護士に依頼するしかないですね。

https://n-tacc.or.jp/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる