ここから本文です

投票受付終了まであと4日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

所有権は当事者間だったら登記してなくても、

アバター

ID非公開さん

2019/10/911:26:38

所有権は当事者間だったら登記してなくても、

買主は売主に対抗できる?
宅建です。

閲覧数:
29
回答数:
4

違反報告

回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

あがく人さん

2019/10/921:15:27

もちろんできます。

当事者間は登記は関係ないですね。

同時履行の云々は、抵当権などに限られますね。
所有権ではそういう事は無いです。

  • あがく人さん

    2019/10/921:19:17

    当事者の範囲は民法一七七条にたくさん出てきます。判例六法で調べてみてください。

    宅建では具体的な範囲の判例を聞いてこないと思います。


返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

tok********さん

2019/10/912:37:51

不動産を買って所有権移転登記をするのは買主の権利だから登記しなくても違法性はないけど、登記しないうちに善意の第三者に売買され先に登記されたら善意の第三者には対抗出来ない。売主は二重に転売したので売主に対して損害賠償権は発生するが支払い能力がなかったら泣き寝入りになりますよ。不動産を買ったら代金の支払いと所有権移転登記は同時履行ですることが絶対条件です。

2019/10/911:51:26

○です。第三者に対しては、登記なくして対抗できませんが、当事者間では、登記なくして対抗できます。

民法
第百七十七条 不動産に関する物権の得喪及び変更は、不動産登記法(平成十六年法律第百二十三号)その他の登記に関する法律の定めるところに従いその登記をしなければ、第三者に対抗することができない。

  • 2019/10/914:23:48

    tok********さんは、背信的悪意者排除理論を御存知ないようですね。

    「善意の第三者に売買され先に登記されたら善意の第三者には対抗出来ない。」ではなく、単純悪意者に対しても、登記なくして対抗できないのです。但し、登記の欠缺を主張することが信義則に反する第三者(背信的悪意者)に対しては、登記なくして対抗できます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる