ここから本文です

サクラ大戦5ってなんで全体的に不評なんですか? どこが悪かったんでしょうか

dai********さん

2019/10/1023:05:06

サクラ大戦5ってなんで全体的に不評なんですか?
どこが悪かったんでしょうか

閲覧数:
131
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2019/10/1100:45:32

基本的にはキャラクターの魅力が乏しいからということになります。
ただしこれはあくまで帝都や巴里と比較した場合という基準であり、
単体で見た場合にはそれほど低レベルというわけではないという
認識もあります。

ほかには、

・メインヒロイン・ジェミニの参戦が遅すぎる
・序盤のジェミニがネクラ(サムライ娘での活躍がウソのよう)
・サブキャラの個性も悪い面が目立っている
(特に口調 きゃっふ~んだの、うにゅうだのは最悪)
・一話が冗長でダレやすく、緊張感も乏しい感じ
・主人公が大神一郎じゃない(大河が悪いわけではないけど)
・敵がアメリカの敵ではなく、たんなる日本の「織田信長」
(アメリカならではという敵を本来なら出すべきでした)
・中ボスも日本的なのばかりで、しかもウザくて魅力が無い
・戦闘の天才だったラチェットが無力化(物語上、仕方ないけど)
・帝都や巴里メンバーの参戦などのサプライズ要素も無し
・マリアなど米国に関係の深いキャラ単体の参戦すらも無い
・舞台(ミュージカル)に関する各隊員のイベントが少ない
・サムライ娘で人気だったフワニータが写真でしか登場しない
・「地上の戦士」がゲキテイや御旗のもとにほどの神曲ではない

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

age********さん

2019/10/1710:16:34

まず主人公の交替について
ネタバレになりますが、サクラ大戦4でそれまでのシリーズの主人公だった大神一郎が特定の最終ヒロインとの「結婚」を決断し、それを米田司令に伝え、それを受け米田司令(支配人)は帝国華撃団総司令の座を自身の後継者と認めた大神一郎に委ね、以後は完全に引退&隠居する事となり、それをもって主人公大神一郎シリーズは完全に綺麗な形で完結しました。

なので以後は必然的に大神一郎は(特定の相手がいる)帝国華撃団の総司令となり、Vの主人公は大神から別主人公へ切り替わる事になる訳ですが、その新主人公が大神のような典型的な「熱血」型の熱い主人公像から、何を思ったのか、よりにもよってショタ系を彷彿とさせられるような女装が売りとなるような「可愛い」タイプの主人公に切り替わる事となりました

べつに主人公が変わること自体に問題があった訳では決してありません
実際4をプレイしたユーザーの大方はそのラストの経緯から次のVでは(当然)別主人公になると間違いなく確信していましたし
ただ問題だったのは上に挙げたように、それが多くのファンたちの思い描いていた(=理想とする)新隊長像とは、かなり異なっていたという事です

ここぞという場面での「熱血」が売りだった大神一郎から「可愛い」イメージを前面に出したこの新隊長のイメージの唐突な切り替わりに、とくに大勢の男性プレイヤーが戸惑い、現実付いて行けなかった人も無視できないほど当時かなり大勢いた事
これがまず一点

次にヒロイン関係についてですが全6名の隊員のうち、几帳面で融通の利かない黒人弁護士、車いすに座ったままの生活を余儀なくされている変わった性格の偏食ヒロイン、街中で少しでも気に入らないと人に向かって銃を平気で乱射してしまう超問題児?のお子様ヒロイン、とどめが半男半女のような中性的ヒロインの昴・・・と、計6名のうちなんと4名が、いわゆる一部特定層向けの「色モノ」系ヒロインでした

つまり全体の3分の2が現実多くの一般嗜好のユーザーにとって最初から「ヒロインとして選択しにくい」状態だったのです
多くの新規層を獲得したいのなら、ヒロインも一般受けしそうな広範囲で受け入れられやすいヒロインの割合を多くするべきだと思いますが、Vはなにを思ったのか真逆に突っ走って特定の一部受けを狙ったようなヒロインたちを多く揃えてしまったのです
これが二点目


比較すると例えば3での巴里ヒロインの場合はどうだったでしょうか
巴里ヒロインはさらに少ない5名でしたが、そのうちエリカ、グリシーヌ、さらには花火と、実に半分以上を占める3名がメインヒロイン級でした
ゆえに巴里ヒロインの場合はVのヒロイン達とは対照的に、巴里ヒロインは「みんな可愛い子ばかり」と言われ意外なほどすんなり過ぎるほど実にスムーズに舞台を移しての巴里組への移行ができました

実際、帝都ヒロインから巴里ヒロインへ乗り換えた人も当時相当いました
後ろめたさを感じるのか中には「現地妻」とか言い訳したかる人もいるようですが、シリーズの流れ的には帝都ヒロインも巴里ヒロインも全く対等なヒロイン同士であり、要はそれだけあっさり乗り換えたファンが多かったという事は、それだけ巴里ヒロインの面々が多くの人たちにとって相当魅力的だったからに他なりません

ですがVはそうではなかった
一部の女性ユーザー層受けを重視するあまり、当時コア層の多くを占めていた男性ファンの期待を軽視したのも同然だったのです
新サクラみたいに十年以上も間隔を空けるのならともかく、中間に1リメイクの熱き血潮があったとはいえ、4からそれほど経っていない次作のVでこれは(今さら言ってみても始まりませんが)結果的にはやってはいけなかった事だったと思います


話は戻りますが、計6名いるVのヒロインのうち過半数にあたる4名が特定の一部層のみを狙った色モノ系ヒロインという事になると、残りの(現実的な)選択肢としては事実上メインヒロインのジェミニと、星組リーダー格のラチェットの二名のみとなってしまう訳です

しかも、その現実的なヒロイン選択肢である希少な2名のヒロインのうち片方の、劇場版にも出てきて知名度も当時それなりにあった状態の、しかも(この面子の中ではかなりまともなヒロイン像の)ラチェットが、なんと「一周目プレイで攻略不可」だったのです
となると残りは・・・変わり種じゃないヒロインとして選べそうなのは事実上「ジェミニ」一人のみという事になってきてしまいます

ただでさえ選択肢の幅がきわめて限られている中で、さらに追い打ちをかけるようなこの「仕打ち」は、とくに(ファン層を広げるという意味で重要な)多くのライトユーザー層にとって致命的だったのではないかと思います
実際問題一体どれだけの人が一つのゲームに固執し、それを二周三週やる気力や余裕があるというのでしょう、それが傑作で多くの人が夢中になるような出来のゲームだったというのならばいざ知らず

この(初回プレイでのヒロイン選択は事実上ジェミニ一人だけ)の時点で、二周目をやる気が起きず結局Vを投げてしまった人は相当多かったのではと思います
それに加え上にも挙げたように、他のヒロインたちや新主人公となった大河新次郎に関しても、シリーズを支えていたコア層の男性プレイヤーの多くが、魅力を感じにくい=引いてしまうような要素だらけだったことも、それにさらに拍車をかける事となりました

それでも多くの固定ファン層は支持してくれる、付いてこられると当時の制作スタッフはゲームの出来や中身に自信があったのかもしれません
が、実際にはその中身に付いていけない人は相当にかなり多かったのです
結果論になりますが、当時これをゴリ押ししたスタッフは、厳しいようですが、あまりに奢り過ぎていたか何か勘違いしていたとしか思えません


敵キャラ云々に関しては、そもそも広井王子氏の手がけるゲームという事で、一風変わった敵がかなり多いだろうというのは十分予測可能な部分ではありました
が、Vではそれらのユーザーの想定範囲内をすら大きく、しかも「悪い意味で」飛び越えたラスボスだったのです

当時、殆どのユーザーは思った事でしょう
・・・なぜに紐育までやって来て(わざわざ)信長なの!?と
まさにポカーンとするようなラスボスでした

が、それでも「訓練されたプレイヤー」ならば、そのうち(広井王子氏だけに)変わった敵キャラばかりだな程度に思えるようになってくるものです
なので敵キャラ云々だとかは数ある不満の一部に過ぎないと思います

要は上に書いたように肝心の新主人公、新ヒロインたちに対する不満が大きかったから、ついでにそういう部分までも批判される対象となった
という事ではないかと思います

Vには良い部分も確かにあるんです
LIPSはいつもの楽しさでしたし、PS2へ移行して3D化された街中を移動&散策できるのも楽しかったです
お馴染みの加山も出て来るし、各サブキャラたちの濃い面々も(言葉遣いも含めて)慣れてしまえばどうって事ありませんし、サクラ大戦シリーズ的なノリとして大きく逸脱しているとも思えません
そんな事は慣れてしまえばごく些細な問題に過ぎなくなってくるものです
濃すぎる薔薇組の面々に慣れてくるのと根っこは同じだと思います

問題の中心はそこではなく、結局は上に上げた二つの大きな要素
つまり新主人公像に違和感を感じたり付いていけなくなった人
それに加えさらに追い打ちをかけるように実際にプレイしてみると「ヒロイン選択」の幅がきわめて限られてしまっていた事

結局はこの二つがVの致命傷になって、加えてシリーズのコア層までも離れてしまい、結果として以後のシリーズ展開までもが頓挫してしまう主要因となってしまったのではないか
突き詰めれば、結局そこに全て行き着く気がしてなりません

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる