ここから本文です

江戸時代に流通した金貨は膨大な量になると思いますが、それらは形を変えて、今の...

son********さん

2019/10/1109:32:46

江戸時代に流通した金貨は膨大な量になると思いますが、それらは形を変えて、今の時代に流通しているのでしょうか?

補足江戸280年間の中で流通した莫大な日本の金貨幣は今どこに有るのですか?全部溶かして金の延べ板になって今の世に流通しているのですか?

閲覧数:
41
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/10/1118:26:00

金貨(大判小判)は、今の金地金のようなもので、「流通」していると言えるのかどうか?
で、今は全く「流通」していない。だれも金貨持って買い物に行かないでしょ。
それと、江戸末期、ペリーによって開国させられて以降、莫大な金が海外に流出しましたね。

  • 2019/10/1119:23:02

    世界の多くの国の中央銀行(日本なら日本銀行、アメリカならFRBなど)が金の延べ棒を持っていますね。
    アメリカは8133トン、日本は765トンだそうです。
    個人でも、お金持ちは金の延べ棒は欲しがりますね。金の延べ棒欲しがるお金持ちが多いので21世紀になってからでも金の値段が4倍になっていますね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/10/12 08:52:13

有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

さん

2019/10/1110:43:35

表向きな日本史の話によると第二次世界大戦の時に金属類は回収され、鋳潰されて武器や弾薬等に成ったと思います。

日本の江戸自体に流通していたかもしれない金貨が膨大な量になるのかは分かりません。精米やその米俵が俸禄になっていたという話も有りますので。

中国人は金本位制とか金貨の貨幣経済とか殆どまともにやっていなかったのかもしれませんね。理由は・・・いろいろ言えません。隠し金山ネタでやっぱり騙されるとか。www

ラスターとか宗教関係で騙された事が多かったのかもしれませんね。www

hor********さん

2019/10/1109:40:35

「今の時代に流通している」金貨なんて世界のどこにもない。ただ、江戸時代の大判、小判がどうなったかというと、鋳つぶされて金地金に戻り、加工されたろうから、形態を変えて、日本のどこかに存在していると言える。

nak********さん

2019/10/1109:39:34

江戸時代の末期、開国してから後に大量の金が海外へ流出してしまいました。
金の価値をよく知らない日本人が、西洋の商人たちにうまく騙されてしまったのです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる