サッカーしてる子供を持つ母親です。小学生U-11のサッカーの試合のルールについて教えて下さい。 事例その1) キーパーが自陣のペナルティーエリアを越えてボールをキャッチ。で、主審がこの

サッカーしてる子供を持つ母親です。小学生U-11のサッカーの試合のルールについて教えて下さい。 事例その1) キーパーが自陣のペナルティーエリアを越えてボールをキャッチ。で、主審がこの キーパーに対してレッドカードを提示して退場となり、間接フリーキックで再開しました。 ボールをキャッチしたキーパーは、とくに相手選手との接触もなく、相手選手と競い合いもなく、一人フリーな状態でのキャッチでした。 このジャッジ後、線審が主審に呼びかけ4審と共に協議されてましたが、とくにジャッジは変わらずでした。 2019年10月13日現在のジュニアサッカーにて、このようなプレーに対して、一発レッド退場というルールになってましたでしょうか? 事例その2) ペナルティーエリア内での危険なタックルがありイエローカードが与えられPKとなり、これをキッカーが決めてゴール。しかし、主審はその後ゴールキックを命じて、相手ゴールキックから試合が再開されました。PKのキック時に、キッカー側のチームメイトがペナルティーエリア内に居たとのジャッジだと考えられます。 以前のジュニア育成年代の場合、キック前にキッカー側の選手によるペナルティーエリア内への侵入が見られる場合は事前注意をしてからプレーしてそれでもペナルティーエリアへの侵入があった際は蹴り直し、というジャッジだったかと思われますが(違ったいたらすいません)、2019年10月13日現在は、PK時に味方選手のペナルティーエリア内への侵入があった場合、事前注意も蹴り直しも無く、ゴール取り消しで相手のゴールキックからの試合再開というルールになっておりますでしょうか? どうして?そういうルールなの?と試合後も泣きじゃくりあれこれ戸惑う子供達にも説明しなければならないのと、今後のために現状のルールを知っておきたい次第です。 試合後、地元のサッカー協会関係者に尋ねてもあやふやな回答しか返って来ないので、どなたか審判免許をお持ちで現場でジャッジをしている方などいらっしゃいましたら是非教えて下さい。

サッカー94閲覧

ベストアンサー

1

ケース1について 改正された2019-20競技規則では、ゴールキーパーのハンドリングの反則については、警告や退場のカードは出されなくなりました。 レッドカードを提示されて退場になった理由が知りたいくらいです。 改正前の競技規則であっても、審判員のコモンセンスとして小学生がペナルティーエリアのラインを意識してプレーするのは難しいです。プレーに集中し過ぎて、エリアを越えてしまうのがあることです。 そこは、注意して直接フリーキックを与えるだけに留めるべきかと考えます。 ケース2について 審判員のマネジメントも課題ですね。 ける前からキッカー側の競技者がペナルティーエリア内にいたのを認識していたのであれば、外に出るように促すべきです。 また、けるまではペナルティーエリア内およびペナルティーアーク内に入らないように注意すべきです。 社会人の試合で注意をやります。 質問文の状況でけった場合、ボールがゴールに入った場合は、ペナルティーキックを再び行います。 ゴールキックで再開というのは、明らかな適用ミスと言わざるを得ません。 お子さんにはお気の毒としか言えません。 協会関係者や担当の審判員の方にも遺憾に思います。

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

私自身も小学生(4種)で笛を吹いていますが、 小学生のサッカーでは大人のサッカーでは考えられない事象が多くあると思います。 私の見解を回答させていただきます。 小学生サッカーでのレッドカードは育成年代の子どもにとってはかなりショッキングな事象だと思います。 ただ、ルールのあるスポーツですので、私は4種で笛を吹くときはカードを提示するときには、どうしてなのか軽く説明するようにしています。 さて、事例1ですがそのときの状況がはっきりと分からないのですが、 質問者の方の内容ですと、決定的な得点機会の阻止ではないので ハンドの反則で直接フリーキックで再開になると思います。 ※二枚目の警告や判定に暴言を言ったりしていた場合は別ですけどね 事例2ですが、事前注意というルールは昔からありません。 コーナーキックとか場所の取り合いなどがある場合はスムーズでフェアな試合進行するために審判が注意することはあります。 小学生年代(育成年代)では審判も子どもたちが楽しくフェアにプレーするために 地域リーグなどでは「蹴るまで入っちゃ駄目だよ」とか促すことはしています。 本題ですが、ペナルティキックのとき攻撃側のファールがあった場合は キックがゴールしたなら、ペナルティキックを再び行う ノーゴールなら守備側チームの間接フリーキックで再開です。 ※ルール上はゴールキックでの再開はありません。 もしかして間接フリーキックがゴールキックのように見えただけかもしれません。 間接フリーキックなら主審が手を上げていたと思います。 サッカーの審判も人間がしていることなので、あってはならないのですが 間違いももちろんあります。 審判がいなくてはサッカーは成り立ちません。 今回はお子さんが非常にショックを受けているかもしれませんが、あの審判が悪いではなく選手、審判ともにリスペクト精神で楽しくサッカーをプレーするように 保護者の方もサポートお願いいたします。 つたない内容ですが、ご理解いただけましたでしょうか。

1人がナイス!しています

そうなるとやはり「蹴り直し」、ですよね。明らかにゴールしたので。 謎が残るジャッジが多すぎる環境を改善できるよう努めます。 ありがとうございました。

1

①ありえないですね。普通にハンドです。若干エリアを出て間違えてキャッチしてしまったのならカードもないと思われます。出たとしても相手のプレーを妨げたとして最悪イエローくらいだと思います。決定機阻止だとレッドです。 ②やり直しです。 クソですねその審判。自分の子どもがそのような審判に当たったら子どもが絶対見てないところでボロクソ文句言いに行きます。ルールブックを差し入れに持って。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。「ルール上、そういうもの」「ルール上、主審の裁量の範囲内で問題なし」なら納得いくんですけどね。。 事例その2は、JリーグなどのPK動画をYouTube上で観ても、即座に「入ったゴールをノーゴールとして相手のゴールキックで再開した事例」が見当たらないですよね。。。またPKのルールについて書かれているサイトでも「蹴ったボールがゴールに入った場合→攻撃側の反則→やり直し」となっており、これに該当すると思われます。 https://neroblu.net/sport/soccer/penalty-kick/ https://sposhiru.com/17140