ここから本文です

ホットワックス

アバター

ID非公開さん

2019/10/1809:09:33

ホットワックス

昨シーズン使用した板をシーズンアウトした時にワックスをかけて保管して昨日引っ張り出してきました。11月にシーズンイン予定なのでそろそろホットワックスかけようかなと思っております。ワックスを何重塗れば良いのかわかりません。人工雪なのでそこまで本格的に滑るわけじゃないですが。今はベースワックスだけ塗って保管してあります。それとフッ素入りワックスとフッ素が入ってないワックスの違いを教えてください

閲覧数:
109
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

keyさん

2019/10/1923:58:31

とりあえず人工雪で滑る事が目的なら今のベースをはがしてブラシしてフッ素入り液体ワックスで十分かなと思います。もしお持ちであればミニブロンズブラシをポケットに入れておき、滑らなくなったなーと感じたらサッとブラシかけると短いコースならリフト2、3本位は多少は効果あります。
これは春の汚れた雪でも効果が感じられると思います。

人工雪後の本格的なシーズンインも視野にあるなら、今のベースはがした後に2、3回ホットワックスをかけ直した方が持続性もあるのでオススメします。
フッ素については他の解答者様がおっしゃる通りかと思います。
ベースワックスのみより確実に効果は感じられると思いますのでお好みで追加すると良いと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fhg********さん

2019/10/1908:49:04

フッ素の有無も重要だけど、フッ素なしのワックスできちんとベースが作れてるかどうかってすごく大切ですね。
以前ジュニアクラブのコーチをしてた時、大会の時にスタートワックスを塗ってやってたのですがたいていの子供は滑りすぎて怖いと。
うちは練習が終わったら必ずホットやってブラッシングまで完璧にやって練習に行かせていました。小5からは自分でやらせていたので毎晩1時間半くらいはかかってましたね。使っていたのはホルメンのベータレッド、フッ素は入ってないです。これ本当によく滑ります。
数年前の調査ではワールドカップ使用率ナンバーワンだったとか。
一応イエローとブルーも使ってましたがアルペンのコーチが迷ったらこれぬっとけばべーすは間違えないからと言ってました。
で、大会に引率してた時には前日にフッ素入りをホットワックスしてスターワックスも使用してました。息子は「うん良く滑るよ」と毎回言ってましたが、高校に行くことが決まって雪国に旅立つ前にこう言いました
「いやぁお父さんが一生懸命やってくれるから、滑るって言ってたけど実際のとこはそれほど変わらないっていうのが正直なところだったんだよね、まぁスタートワックスしたら少し良く滑るかな?くらいだったわ」
ありゃま。まぁそれでコンマ1.2秒でも上がればいいやって。そんな感じ。

ベースがきちんとできてないジュニアはスタートワックスはすっごく滑るといい、
ベースが塗り込んである板を履いてたらそれほど効果が感じられない。

フッ素のあるなしよりもそこが大切かなと思います。
ただ高温や降雨の時はフッ素の効果は絶大。
他の方も進めてるノットワックスは降雨時は本当によく滑ります。
他のスタートワックスより滑るんじゃないかな?

プロフィール画像

カテゴリマスター

ko_********さん

2019/10/1901:59:57

科学的な常識が通用しないのがワックスの世界。

重ね塗りなんて、やる意味を証明できないのに、なぜか滑りが良くなる。

ワールドカップレーサーが雇っているワクシングマン(雪質・気温等に合わせて、ワックスを塗るのだけが仕事の人)は、門外不出の独自の理論を持っていて、高額な報酬を得ています。

というわけで、「セオリーは無い」というのが私の回答です。

ただ、一般的なレジャースキーヤーならば、ベースワックスだけでも十分かと。
タイムを追求するなら別ですが、板が引っ掛かることなく滑らかにターンする効果を期待するなら、ベースだけでも十分だと考えます。

なお、他の回答者様を否定するようで申し訳ないのですが、ホットワックスを剥がさずに滑るのはおススメできません。

ワックス自体に滑走性能はなく、そのままでは、滑走性能が落ちますし、たしかに、数本滑れば剥がしたような状態にはなりますが、本来はスクレーパーを使って徹底的に剥がして、ブラシをかけるなどが理想であり、この状態にはなりません。
また、ワックス程度の硬度だと、物理的に滑走面を保護することもできません(化学的保護ではありません)。

フッ素に関しては、他の回答者様の回答にもあるとおり、高温時の効果が高いです。
また、競技スキーに関して述べると、スタート時の加速が良くなります。スタートワックスと言って、効果が数十メートルしかない高価なワックスにもフッ素が入っています。

ただ、低温が苦手かというとそんなこともなく、高温が得意ということです。
競技の場合、超低温時でも、スタートワックスは使用します。

私が愛用している、ZardozのNOTwaxポケットワックスという簡易ワックスは、
http://www.whizz-jp.com/zardoz/
純粋な液体フッ素で、簡易ワックスなのに、ホットワックス以上の持続力があるのが魅力です。

ご参考になれば幸いです。

kyo********さん

2019/10/1821:48:13

そのままが吉。人工雪の幅の狭いコースではワックス性能を発揮できるほどスピード出せません。また、雪が薄いため土や小石で刷る可能性が高いですし、リフト乗り降り場は特に雪がないためブラシの上を通過せざるを得ません。なんならその上から厚塗りしといた方がいいくらいです。

sno********さん

2019/10/1819:15:51

そのままでいいっすよ。

sx1********さん

2019/10/1813:54:48

塗れば塗っただけ滑る滑走面が作れますよ
塗ってあるWAXを剥がして新しいWAXを塗る
温度帯を変えて暖かい用のものから寒い用のものに
何回も塗ることによってどんな温度でも滑る滑走面が…

私の知っているレーサーの方は
7月にスキーを注文し9月に受け取り
毎日、1日1回シーズンインまでに
100回以上塗るという方もみえました
本当に塗っているかは定かではありませんが…

私は殆どの場合シーズン終了後はチューンに出すので
チューンから帰ってきて1~2度塗る程度です。

フッ素は水をはじく性質があります
春の水分を大量に含んだ雪(いわゆるベタ雪)や
海の近くのスキー場などではよく滑ります。
ハイシーズンの標高が高く
気温が低くて乾いた雪では効果が発揮できません
だからと言って滑らなくなるわけではなく
温度帯があっていればそれなりに…
フッ素の入ったWAXは高価なので
効果が少ないのに塗るのはもったいないかと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる