宅建試験を明日受けるのですが、

宅建試験を明日受けるのですが、 4択のテストを50問受け、 35問正解で合格となります。 全く勉強してない人が合格する確率を 計算式にした際何%ですか?

資格196閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

4者択一の問題が1問ならば、合格率は1/4=25%。 2問ならば(1/4)^2=(1/4)*(1/4)=6.25%。 このべき乗を繰り返せば、35問連続で正答する確率は(1/4)^35で、 その数値は 0.0000000000000000000847%となります。 地球の人口(41億人)の1兆倍の受験者が無学で試験に挑み、そのなかの1人が「間違って」合格する程度の確率になります。 ただ、何も勉強していない人が受験はしませんでしょうから、もしも50問中25問を正答できる実力のある受験者が、残りの25問全てを「4」で回答したならば獲得できる点数の期待値は25+(25/4)=31点です。 同様に計算すると、知識があって33問を正答さえすれば、残り17問の正答確率を25%として33+4.25=37点が期待でき、合格ラインを突破します。 50問中33問できれば良い試験なのです。自信を持って頑張って下さい。

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

1

合格点は15%程度のラインになるので、35点ではありませんが、35点を合格点とするなら0.0000000000009%ぐらいかな?

1人がナイス!しています

0

解答用紙を例えて言うなら50桁の宝くじを当てにいくようなものなので、ロトで1当当てるより難しいです。 計算式はないので限りなく0%に近いと思います。

0

明日ではなく明後日です。 日本で唯一不動産屋を開業できる程の国家資格。 そんなに甘くありません。 そして毎年15%の合格率を維持するために合格点を調整するので35点と確定したわけではありません。