ここから本文です

江戸時代、一番人気があった外国語ってなに語ですか? また、国内でオランダ語、...

さん

2019/10/1813:55:16

江戸時代、一番人気があった外国語ってなに語ですか?
また、国内でオランダ語、中国語、ポルトガル語以外で学ばれていたり話されていた言語ってなにがありましたか?

閲覧数:
36
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/10/1817:59:59

サンスクリットです。
坊さんはこれをまなばなきゃ始まらない。
江戸時代に貿易関係者は数えるほどしかいませんけど、坊さんは山ほどいます。

てのはどうですか。

  • 質問者

    さん

    2019/10/1902:40:34

    ありがとうございます!
    言われてみればそうでしたよね!
    サンスクリットの文字も筆で書かれる書体にもなりましたよね。
    印欧語のルーツを辿っていくとサンスクリットなのですね。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/10/24 20:41:47

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2019/10/1817:20:16

人気というより、「オランダ語しかない」という状態でした。
中国語を教える所もなかったようです。
漢文、つまり中国の古典文学ならば、それがわからないのは教養人ではない、というくらい勉強されていたものですが、それは「中国語」として中国人と会話は成り立ちません(筆談はできる)。
もちろん、中国の貿易船が長崎には来るので、それと取引する商人は多少しゃべれたろうとは思いますが。
オランダ語以外の言語が学ばれるようになったのは黒船以降です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ail********さん

2019/10/1815:56:12

中国語。
最近は漢語と言います。
他はオランダ語、朝鮮語程度。
幕末には、1年前にペルー来るのが分かり、急遽英語通訳養成してます。オランダ語知る人なので、結構早かったようです。米国人が驚いています。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

zab********さん

2019/10/1815:42:13

江戸時代の大部分の期間は、洋学=蘭学でした。でもこの時期は、幕府のオランダ通詞と一部の蘭方医が必要で学ぶ程度。

1840年(天保11年)のアヘン戦争の情報が知れ渡って以後、武士の中に洋学を学ぶ機運が高まりました。これらの武士の関心は、洋式兵学の受容にありました。外国語としては、オランダ語です。

そして幕末の最末期には、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語も学べるようになりましたが、教授機関は限られていました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yamletitbeさん

2019/10/1814:33:07

江戸末期には、英語学習が主流だったのではないでしょうか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる