ここから本文です

東京はなんで26市のままなんですか?

tie********さん

2019/10/1911:59:52

東京はなんで26市のままなんですか?

私が小学生の頃に学校で東京は23区26市1郡と習いました。
(郡部は5町1村だったかと記憶しています)
(島しょ部の支庁については詳しく教わってないですが)

最近あまり聞きなれない地名を耳にします。そう、西東京市です。
ウィキによれば今世紀になって田無市と保谷市の合併により誕生したそうです。

にもかかわらず東京はいぜんとして26市のままです。
どっかが分割、あるいは分離独立したのかと思い、
市の一覧表を眺めましたが、西東京市以外に聞き覚えのない名前は見当たりませんでした。

どうして25市にならずに市の数を保っていられるのでしょか?

閲覧数:
28
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

分水嶺さん

2019/10/2100:41:18

東京都本土が23区26市5町1村であったのは昭和49年6月1日~平成3年11月1日の17年間ですので、ご質問者さまはこの間に教わったものだと考えられます。平成3年以降には以下の変動があります。

平成3年11月1日:西多摩郡羽村町が市制して羽村市に(23区27市4町1村)
平成7年9月1日:秋川市と西多摩郡五日市町が合併してあきる野市に(23区27市3町1村)
平成13年1月21日:田無市と保谷市が合併して西東京市に(23区26市3町1村)

市の数については、羽村市発足(+1)、秋川市廃止・あきる野市発足(±0)、田無市廃止・保谷市廃止・西東京市発足(-1)で26のままとなります。数が合わないように感じられるのは恐らくは羽村町→羽村市の移行が脱落しているためだと思われます。

質問した人からのコメント

2019/10/24 22:58:47

まさに羽村が鬼門でした。
26市だった期間まで教えて頂きありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2019/10/1913:09:49

合併前には27市あったという事でしょう。

現在のところ統計用の市コードは東京都では13201から13229まであり、13216、13217、13226が欠番になっていて結果的に26市です。
どのコードがどの市か不明ですが、あきる野市の一部となった秋川市、西東京市になった保谷市と田無市に割り当てられていたものと思います。

https://ecitizen.jp/Sac/13

東京都は昭和40年代に26市になっており、羽村市が新設され27市になり平成13年に西東京市発足に伴い2市減じ1市増え結果的に再び26市に戻ったと考えられます。(あきる野市と秋川市は1市増1市減で増減無し)

質問者さんの年齢が不明ですが恐らく昭和40年代から平成初期に26市と覚えたまま今日に至ったのでしょう。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる