ここから本文です

北大に進学したいと思っている 高校1年生ですが、やはり死ぬほど勉強 しないと受...

nnh********さん

2019/10/1921:46:18

北大に進学したいと思っている
高校1年生ですが、やはり死ぬほど勉強
しないと受かりませんよね?
ちなみに高校の偏差値は50ほどで、学年で上位5%ほどです。
得意科目は世界史、英語で、数

学と国語はあまり得意ではないです(特に数学)

閲覧数:
67
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qqa********さん

2019/10/1921:50:07

偏差値50の高校なら、まずは連続5回、二位以下に圧倒的大差をつけた首位になってから"北大"という単語を出した方がよろしいかと思います。

自分は北大で一番簡単な学部の卒業生ですが、同期の大半は偏差値65以上の高校の出身です。

  • 質問者

    nnh********さん

    2019/10/1921:56:24

    やはりそうですよね...
    金銭的な面で、私大は行けないし
    かと言って道外の国立を目指すにしても、下宿等でお金がかかるし...
    道内の文系国公立でいいところが、樽大しか...はあ

  • その他の返信(2件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

qqq********さん

編集あり2019/10/2116:43:33

北大はぜいたく?
勉強の二つの意味わかりますかか?
何をすべきかわかりますか?

https://sokuho.yozemi.ac.jp/sokuho/k_mondaitokaitou/3/mondai/img/ho...

サルの議会バンクシー風刺画
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5d97e654e4b03b475f996d...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hok********さん

2019/10/2023:26:58

下のhoku...の別アカウントです。回答の文字数制限に達したので別アカウントで補足させていただきます。母校で恐縮ですが、最後にここでは卒業生の一人として北大の魅力や紹介をさせて頂ければと思います。

大学選びにあたっては、学力や偏差値、卒業後の進路や授業の雰囲気、講義や演習の充実度、立地、歴史や校風などがよく判断基準として紹介されます。もちろん、これらも大事な要素だとは思います。

その上で、一点だけどうしてもお伝えしたいことがあります。
それは、大学4年間をどこで過ごしたかはかなり重要だということです。自分の人格形成にも多かれ少なかれ影響を与えるものだと思います。大学4年間は、自分の一生を支える思い出にもなり得るものです。この観点は結構大事だと思います。

この点について少し母校を例にとって説明します。北大は最高の学修環境でした。北大を語る際には、北大そのものに加えて,北大のある札幌という街や, 北海道という地の魅力について抜きにして語ることはできません。大学生活は,大学の ある街や風土と切り離して考えることはできないと考えるからです。その意味で、北大で、札幌で、北海道で学生生活を送ることは、貴重な人生の4年間を過ごす上では最適な場所だったと思っています。

北大を卒業すると北大が母校となります。社会に出てからも、母校を訪問する機会がきっとあるでしょう。その時に,札幌を訪れることが できるのは素敵ではないですか?北大が、札幌が、北海道が第二の故郷になるのは、素敵ではありませんか。

以前、母校でもある北大の魅力について、関連する別の質問で回答をしていますので、大学選びの最終的な参考として頂ければと思います。どんな観点で大学を選べばいいのかの参考になれば嬉しく思います。応援しています。

◆北大受験をすすめる100の理由
http://dse.ssi.ist.hokudai.ac.jp/~onosato/Welcome/index.html

◆トリップアドバイザー北大
https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298560-d1480555-Revie...

◆北大のいいところをできるだけたくさん細かく教えてください
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132036317...

英語学習や留学に特化しか北大の学内特別教育プログラム「新渡戸カレッジ」も好評です。北大は上智にも匹敵するグローバルな環境が整っています。

https://nitobe-college.academic.hokudai.ac.jp/

この他に、北大法学部ではゼミや演習などで英語を使った全国の他大学や海外の大学との討論大会や国際大会で活躍するところもあります。非常に国際色豊かな活動が展開されています。

以下では、北大の魅力について、OBでもある私なりに回答させて頂きたいと思います。

北大の学生としてのいいところは、「勉強はほどほどにして、北海道行くのも良いかも」と考えたり、受験で無理する気はないけど、北海道で学生時代を過ごすのも良きかなという酔狂で知的体力をあまり費やしていない人達が余力を持って入ってくるところにあって、それが道内の秀才と融合する所にもあります。知的体力を使い果たしていないので、入学後に自分の興味関心に沿って潜在的な才能を開花させる人が非常に多いです。偏差値ばかりが強調される大学受験ですが、北大の魅力は偏差値だけでは測ることはできません。

また、出身地、趣味嗜好の全く異なる個性豊かな人たちの中で学生生活を送れることができることも北大の大きな魅力です。これはあまり知られていませんが、北大の入学者は道外出身者が約7割であり、全国から学生が集まってきます。これは全国の国公私立大の中でもトップクラスの比率です。実は、日本一の全国区型の大学です。今や東大や早慶さえも地元率が7割な中でこれです。多様な学生がいるということは、それだけ刺激のある学生生活につながります。親元を離れて一人暮らしをすることで精神的に自立するきっかけにもなるでしょう。北大は道内出身の人でも札幌市外から入学してくる人もいるので、一人暮らしをする人がほとんどです。これは他大学にはない大きな大きな特徴・魅力です。北大入学者の出身地別割合、現役浪人比、男女比等については、北大の広報誌「北大時報」の毎年4月号を参照されるといいです。ここに客観的な情報が全て公開されています。

後は代ゼミの入試情報などでも。

https://www.yozemi.ac.jp/nyushi/data/hokkaido/

・キャンパスについても、四季折々の自然に恵まれた広大なキャンパスは北大の最大の特徴です。北大を志望する学生のほとんどが「環境の素晴らしさ」に魅かれたと言うくらいです。札幌市の中心部に位置し、札幌駅から正門まで徒歩5分という立地条件の良さも特徴の一つです。買い物をするにも、文化に触れるにも、帰省するにも便利です。飛行機代も、今は格安です。

・札幌は、実は意外と都会なんですね。200万人都市、札幌。その札幌市の中心部に位置している北大の周辺は、構内とは対照的に高いビルが立ち並ぶ都会そのものです。北大札幌キャンパスの最寄駅である札幌駅は、2003年にJRタワーが開業してから乗降客数が1日平均18万人を超える札幌市の玄関口であり、そこから、たくさんの札幌市民や観光客が訪れる「大通」及び「すすきの」エリアへは、本学札幌キャンパスから徒歩(もしくは自転車)圏内です。北大構内で美しい自然に触れ、構外では都会的な生活を楽しむ・・・自然と都市の調和がとれた絶好の環境に立地しています。

・北大は、札幌市の中心部(札幌駅から歩いて約5分)に緑いっぱいのキャンパスを有しています。その広さはおよそ東京ドーム38個分!上空からみた本学札幌キャンパスはまるで都会のオアシスのようです。春は桜を始め花が咲き乱れ、中央ローンでお花見をすることができ、夏は涼しく(めったに30℃を超えない)、秋は黄色に色づいたイチョウ並木がたくさんの人を呼び、冬は北海道ならではの、白くて美しい雪景色を楽しむことが出来ます。
北大キャンパスには、このように、都心でありながら、豊かな自然環境が残されています。ポプラ並木、モデル・バーン(農場)、銀杏並木、中央ローンなど、勉強に疲れたときに散策するには格好の場所がたくさんあります。 さらに、北大の文系学部校舎が本図書館という、北大の中で一番大きい図書館と直結しています。これは、勉強する上でとても助かりました。他の大学では、学部の校舎から歩いて図書館に行き来する必要があり、面倒なことがありますが、北大では一切そんなことがありません。また、各学部専用の図書館が各学部の校舎に設置されています。

・また、国立大学最多の12学部を誇る北大は、人文・社会・自然科学のほぼ全ての領域をカバーしています。何を学びたいか迷っている人でも、必ず希望の分野が見つかります。文理融合、英語を使った留学生との国際的な授業などの教育を受けられるのも大きなメリットです。
一つの大きなキャンパスに全学部の学生が集まっているので、多くの個性的な先生方はもちろん、全国各地から集まった同期生や先輩方、さらに世界各地の留学生がいます。水産学部は3年次以降は函館キャンパスで専門学習を進めることになりますが、サークルやクラスでの1、2年次で出来た交流は何よりの財産です。加えて、北大には前述の通りあらゆる学部があり、様々な知識や特技、考えを持った人たちと知り合う機会に恵まれています。そうした環境での大学生活はものすごく安心感があります。
それって、まさに社会の縮図ともいえるんですよね。生まれも育ちも文化も違う仲間とともに過ごし、多様な価値観に触れることは、人生の大きな財産となります。 私自身、大学卒業後も、あらゆる業界に友人がいることは大きな財産になっています。多様な人との出会いで豊かなキャンパスライフを送ることができます。
こうした財産を培うには、北海道の雄大な自然が欠かせません。私自身、授業が終わると直ちに仲間と車でスキー場に向かうなんて日もありました。また、雪が解け、新緑が芽吹く春から夏にかけては、ニセコや海でキャンプをして、ジンギスカンを食べ、酒を呑むということもやりましたね。
しかし、自然は、楽しい体験のツールとなるだけではありません。時には、人間の力ではどうにもできない大きな力を見せつけます。厳しく見える時もあれば、感動を与えてくれる時もあります。
本州とは異なる自然での体験を通じて多くの友人との関係が培われ、今でも貴重な財産となっています。そして、自然は、時に「癒し」を与えてくれます。失敗したり孤独を感じたりする時もあります。でも、そういう時、自然の中に身を置いてみると、「北の大地」がやさしく包み込んで、力を与えてくれる気がします。

あらためて北大の魅力はズバリ何かと問われれば、学問研究教育の場として歴史と伝統のある場であることはもちろんですが、物的な環境や人だけでなく、「北の大地」という言葉に象徴されるように、雄大な自然を含めた、総合力じゃないかなと思います私自身は、今札幌を離れて地元に戻っています。なので、北大での学生生活を振り返る時にそんなことを考えます。他の大学や地域と違って、北海道は開拓の歴史です。これから夢に向かって大学進学という大きな一歩を刻むことが、そうした北海道特有の風土とマッチングしている気がします。

結局、勉強も遊びも一流になれるところではないでしょうか。ある意味、何でもできる環境だと思います。そしてそういう人たちが集う所ですね。参考になれば幸いです。

Boys,be ambitious!

下のhoku...の別アカウントです。回答の文字数制限に達したので別アカウントで補足させていただきます。母校で恐縮...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

hok********さん

2019/10/2023:11:40

北大法学部の卒業生です。
全然間に合います。どこの高校かなんて関係ありません。今始めればいいです。入試に必要な科目をしっかりと仕上げればいいんです。

まだ高1とのこと、高1の今から頑張れば北大に合格する見込みは十分あります。
安心してください。

勉強方法の一般論として、人によって教科書や参考書は相性があるかもしれませんが、何か「これ」と自分で決めたものをまずは徹底的にやりこむことが大事です。特に苦手科目について、勉強の出だしはそうです。あれもこれも手を広げすぎるとパンクしますし、本屋に行くと似たような参考書や教科書がいっぱいあるのでどれをやりゃあいいんだって一度は思うと思います。そんな時も特定の本をとにかくやりこむことが大事です。後はもう気合いと集中の問題です。私は部活を辞めてからは遊び以外はほとんど塾の自習室や図書館にいました。

それと、学校の授業とテストはある程度は真剣に受けておきましょう。学校の中でもいい順位にいた方が精神的に負担が軽くなります。学校で成績が取れないと「こんなで受験上手くいくのかな」と疑心暗鬼になってしまうかもしれないので、学校のテストは模擬試験だと思って真面目にやるといいです。受験に必要でない教科も気負いをする必要は全くありませんが、最低限のことはやった方がいいと思います。社会勉強だと思えばいいです。でも、塾や自学自習で受験勉強をしていれば、学校のテストでも高得点は取れます。ここは安心してください。

現状の質問者さんの苦手・得意科目、成績の推移等にもよりますが、自分のスタイルで勉強すればいいと思います。正解はありません。ただ一点、受験をする上では最終的にセンター試験(来年には「大学入学共通テスト」と新しい入試方法になっていますが)と北大の入試問題を解けるようになるのが目標ですから、その目的地に向かって勉強は進めて行かないと行けません。過去問以上のことをやっても、過去問以下のことをやっても意味がありません。もちろん志望校の過去問は基本を理解していることが前提で出題されるので、まずは大学受験における各教科の基本レベルはどこまでの勉強のことを言うのかを意識して勉強を進めるといいです。

苦手科目については、まずは基本と呼ばれる部分を最低限理解して吸収する必要があります。予備校に頼るのもありです。特に質問者さんの場合はそうした方がいい。高校に頼りすぎるのはやめた方がいいです。予備校の人たちはプロなので、受験生の苦手な部分も大方把握しています。苦手科目を得意科目に変えてくれる道案内をしてくれるのがプロの先生達の役割ですから。信頼できる先生と思った人の講座をまずは徹底的に聴くのがいいと思います。自分で勉強しようとすると闇雲になりがちなので、不安になったらそうするといいです。この時もあれもこれも講座を受けるのではなく、まずは手を広げすぎないことです。一歩一歩進んで行きましょう。いつの間にか苦手科目はなくなっているはずです。

ああ、もちろん自習の時間を軽視するという意味ではないですよ。人によって教科書や参考書は相性があるかもしれませんが、何か「これ」と自分で決めたものをまずは徹底的にやりこむことが大事だと思います。特に勉強の出だしはそうです。あれもこれも手を広げすぎるとパンクしますし、本屋に行くと似たような参考書や教科書がいっぱいあるのでどれをやりゃあいいんだって一度は思うと思います。そんな時も特定の本をとにかくやりこむことが大事です。

北大入試はセンター試験で5・6教科〜7・8科目のマーク式問題を課し、個別学力検査(いわゆる「2次試験」)で3〜4教科の記述・論述式問題を課してくるので科目負担が重く、範囲も広いです。まずはやはり苦手科目をなくすことに努めましょう。苦手意識があると無意識に勉強をしなくなり、得意科目の勉強ばかりしがちになってしまいます。私立大学の入試では得意科目の勉強だけしていれば合格できますが、北大入試の場合はそうは行きません。応用・発展的な問題を解けるようになるのはまだ先でいいので、まずは全教科にわたって基礎的な理解を固めましょう。ここでいう基本とは何かについては参考書を読み進め問題を解いたり、予備校や学校の講座や授業を一つ一つ受けていく中で徐々に体感で身に染みていくことと思います。ここも安心してください。

模試等の成績や偏差値、学校の順位は、今は気にする必要はありません。一喜一憂しないことです。受験は所詮点取りゲームですから。他の受験生との比較は正直あまり意味がありません。問題を解く中で、問題の難易度がどうだったのかを知る上では他の受験生の出来不出来を把握する必要が出てくる時はありますが、基本的に自分が合格点を越えればいいだけの話です。それ以上でも以下でもありません。頭の良し悪しではないんですね。まして人間の価値を決めるものでもない。ただのゲームです。淡々と割り切ってやればいいんです。

勉強方法について更に言うと、とにかく量をこなすことです。特に数学などは、問題の解法に完璧に気付ける受験生はいません。むしろ解法の考え方というものに一定のパターン、様式があることを問題と解答を見て自分の感覚に染み込ませてください。勉強って、全部なんですよね。全部覚えればいいんです。
方法は徹底的な物量作戦しかありません。これ以外に勉強の成果を出す方法はないです。まず参考書を全て読みますね。授業の進行に沿うなんてことじゃ駄目ですよ。学年の教科書の範囲何て、最初の1ヶ月で終了です。次に問題集をやると。始めは間違え、わからないことがありますね。そこをもう一度参考書に戻って、徹底的にやっつけるんです。この繰り返しです。一つポイントは、他人より先行していること。そうしていると、自分の中に安心感が生まれるんです。

ただ、一方で、繰り返しで恐縮ですが北大入試で要求されるのはセンター試験も含めれば5・6教科〜7・8科目ですから、得意科目が仮にできた場合に、その得意科目だけ完璧にしてももちろんだめですよね。釈迦に説法ですが苦手科目をまず作らないことを意識して勉強してください。当たり前ですが合否はセンター試験と二次試験の総合得点の順位で決まります。センター試験の5・6教科〜7・8科目で合計8割、2次の3教科で合計6割得点できれば確実に合格できます。全科目満点などキープする必要はないのです。そもそもそういう受験生は数えるほどしかいません。正攻法で合格すればいいんですね。

そのことを意識した上で、苦手科目を優先して対策していくのと同時に、得意科目を伸ばしていけばいい。得意科目が確立すれば、一旦その教科の勉強に割く時間を抑えて、苦手科目の勉強に時間を充てることを意識すると良いです。
所詮入試は点取りゲームです。それまでです。特に、2次試験で課されるような記述式の問題の場合には、自分の記述するどういう部分に得点がされ、またされないのかを意識して記述することが求められます。採点官は事前に用意された採点表にしたがって採点するわけですからね。このことを意識して日々の勉強ではどうしたらもう一点多く得点できるかを意識すると良いでしょう。
満点などを狙う必要は全くありません。あくまで他の受験生と比べて最低限の理解ができればいいんです。まともな受験生なら当然正解するべき問題は絶対に落とさない上で、合否を分ける問題で少しでも得点を採りに行く姿勢が大事です。難易度の高い問題は後まわしでいいです。正答率などもたまに分析されるといいでしょう。

未来の後輩に敢えて厳しく申し上げますが、もし今苦手科目があるなら、要は自分で絶対にやらなければならないと決めてこなかったからです。価値を与えていないんです。だから結局何らかの理屈が立って「まあいいや」ってなっちゃう。必然性がないというのはそういうことですから。別にいいんですよ、自分でそうしているんですから。

でも、今は北大入学を決意し、何とか得点を伸ばしたいと。それなら決めればいいだけです。それだけの話なんですよ。

大学受験のポイントは大抵自分のためのことは潰れるということです。これは習慣化によって乗り越えるしかないんです。相当な意志力のある人間にしか、自分のためというのは押し通せない。でも自分以外のもののためだと意外と楽に貫ける。ここが大事なんですね。もしも質問者さんが結婚して、家族が大事だと思うと、貯金なんて楽々できる。
そういうことで、勉強の辛さは自分のためってことになってしまう点なんですね。自分が大事で勉強するから、今度は自分が辛いと得意科目ばかり勉強してしまったり寝たり遊んじゃうんです。
「必ず解く、考える」というのを習慣化することです。これは簡単に言えばそれが当たり前の人間になってしまうということです。受験ベンキョーなんて飯食うのと同じレベルの話にすればいいんです。やらないと倒れちゃうという人間。勉強する人間はみんなそうですよ。当たり前だから出来るんです。

毎回苦しくてやってたら続けられるわけがない。今は本も読まないでスマホばかりいじる人間はみんな「俺って意志が弱い」なんて勘違いするけど、そうじゃないんです。当たり前にしてないだけ。
この人間の当たり前を「日常」と言うわけですが、人間の実力というものは、実はその人間の日常というものなんです。頑張るっていうのは実は駄目で、ごく短期間のことなんですよ。だから実力を上げたいのならば、人間は日常、つまり当たり前のことにしなければ駄目なんです。

文字数制限をオーバーしてしまうので補足説明の中で回答させて頂きますね。

※写真は北大のキャンパスです。

北大法学部の卒業生です。...

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

oya********さん

編集あり2019/10/2012:52:30

あの〜話を簡単に整理すると

1)ボーダーラインを確認
https://www.hokudai.ac.jp/admission/publications/post.html

2)既出問題をチェックし何点取れるか試算
https://sokuho.yozemi.ac.jp/sokuho/

北大数学59年分
文系数学は4問中2問半の得点が必要。10年分やってみれば可能性の有無が自己判定出来るだろう。
http://server-test.net/math/03_hokudai/

3)合格ラインと今の得点力を比較して溝を埋める方法を考える。

頑張ってね。後期は文系でもセンター試験ボーダーが86-88%行くから7科目のうち半分の科目で満点取ってね。

高校の成績は見ないから、純粋に高得点から合格者が決まる。結果的には法学部には偏差値70位の高校がメイン。偏差値50前後の高校の友人は居ません。

でもさ、不可能を可能にするから挑戦する意味があるよね。その壁を打破するのは君。
(^_^)

a_p********さん

編集あり2019/10/1922:35:58

高校受験での偏差値からは、校内順位が参考にならないことが分かるだけです。
例年、北大に合格してる人がいないのでは?

とりあえず、模試を受けて同学年の中での自分の立ち位置を知りましょう。
少なくとも、北大に受かる人たちはトップ〜二位集団くらいの位置にいます。

なお、「死ぬほど」といいますが、具体的にどの程度の勉強をさしてますか?
この問いに具体的にコメントできないなら、あなたは周囲が納得できるような「死ぬほど」の勉強はできません。そもそもどれだけやればいいのかぎわからないのだから。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる