ここから本文です

スーパー堤防についてお尋ねします。 スーパー堤防と言っても、幅を広げ、高さを...

アバター

ID非公開さん

2019/10/2621:02:43

スーパー堤防についてお尋ねします。
スーパー堤防と言っても、幅を広げ、高さを高くしただけのように見えます。堤防の基本的構造は江戸時代の堤防の構造から全く進歩していませんよね。

あれほど工事費をかけているのですからどうしてもっと丈夫な構造の堤防を考えられないのでしょうか。例えば、鉄骨を入れるとか、コンクリートのテトラポットを埋め込むとか、いくらでも考えられます。越流でも一寸した板を建てるだけでも随分効果があると思うのですが。
アメリカ人の土木技術者に聞いたところでは、アメリカの工事は本当に必要な工事費で、日本の工事は見えないところに費用が掛かるから高い、と聞きました。堤防でもそうでしょうか。矢張り天下りの費用なのでしょうか。

閲覧数:
14
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mjn********さん

2019/10/2621:16:34

どんなに強度を増しても結局水圧には勝てません。そりゃダムクラスの強度ならなんとかなるでしょうが、金がいくらあっても足りませんし、工期だって100年単位の事業になるでしょう。水圧に勝つには圧倒的な幅の堤防、要するに土地を台地にするしかないんです。堤防で防ごうという考え方が無理なのです。

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/10/3013:21:33

    その通りです。今の土木工事はここ10年の間に合わせばかりしているのです。100年計画で本格的な堤防工事をすればよいのです。何処の河川だって江戸時代には数百年計画で工事をしているのです。パリの街造りだって数百年計画で行っているのです。日本人は近視眼的で長期の都市計画が出来ないとキッシンジャーが中国へ行って講演していました。キッシンジャーは日本が大嫌いだったのですが、しかし言っていることは当たっています。
    土木官僚が自分たちの天下りさえうまくいけばそれでいい。後は野となれ山となれ、と考えているから毎年洪水が起きるのです。定年後の年金支給でも月収で67万円まで年金支給を減額しないという厚労省の提案もまさに天下りの給与を念頭に置いた提案です。今のままの月収47万円でも多すぎるのです。庶民の平均月収の27万円以上は天下りの月収だけ減額すべきなのです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アバター

質問した人からのコメント

2019/10/30 13:23:44

有難うございます。日本人は、100年単位の考え方をしましょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

あみやさん

2019/10/2622:02:24

幅を広げ、高さを増すことにより、許容できる体積は掛け算で増えますから、
堤防としては大幅に強化されます。
ヨーロッパやアメリカ等の大陸の緩やかな川と、
狭い土地を山から海へ滝の様に流れる日本の川では
同じ川と言っても別物と言ってもいいくらい違うのであまり比較にはならないかと。

究極の対策としては、それこそ江戸時代の様に川そのものを作り変えてしまう事ですが
あまりに費用がかかり過ぎてもはや不可能だと思います。

同じくよく言われるドイツかどこかの堤防を無くす方法も狭い日本では非現実的ですし

治水は地形に大きく依存しているので、環境が異なれば使える方法も違います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる