重用と書いて、じゅうようと、ちょうようの違いは何ですか? じゅうようでも、ちょうようでも、意味は同じですか?

日本語2,546閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

3

3人がナイス!しています

その他の回答(3件)

2

えっ、「じゅうよう」とは読まないのでは?と思って、ちょっと調べたらビックリしたことに伝統的な読みは「ちょうよう」ではなく「じゅうよう」だとのことです。下のURLは「NHK放送文化研究所」の「重用の読み」に関するQ&Aですが、戦前の辞書には、すべて「じゅうよう」「ぢゅうよう」と記されており「ちょうよう」とは記されてなく、辞書に初めて「ちょうよう」の読みが記されたのは、昭和30(1955)年のことだとのことです。よって、NHKは今でも「じゅうよう」を主として、「ちょうよう」も容認することなっているのだそうです。漢字の読みにはちょっと自信があったので、恥じ入るばかりです。 https://www.nhk.or.jp/bunken/summary/kotoba/gimon/197.html 閑話休題:ということで「じゅうよう」でも「ちゅうよう」でも意味は同じで、”重く用いる”ことです。

2人がナイス!しています

0

同じ意味に使います。 ではどのように使い分けるか? うーん 相手の年齢と場の雰囲気で変化させる、でしょうか。 あやふやで申し訳なし。

1

重という字は、ジュウとも読みますが、チョウとも読みます。 重用、貴重、重複はいずれもチョウと読むのが本来です。 でも、貴重以外は、重の字が先頭にくる関係だと思うのですが、いつの頃からかジュウという読みをする様になってきました。 重要、重点、重量などの読みとかさなるのでしょう。 だから、チョウヨウもジュウヨウも同じ意味ですが、正しくはチョウヨウです。でも慣例として、ジュウヨウとも読むというところではないでしょうか。 言葉は生き物なので、時代で変化します。

1人がナイス!しています