ここから本文です

不安障害、パニック障害を患っています。

アバター

ID非公開さん

2019/10/2912:08:32

不安障害、パニック障害を患っています。

先日やっとの思いで社会復帰しました。
しかし仕事前や仕事中など動悸などでとても辛いです。

それに関係してか仕事の日はもちろん休日でも朝起きた瞬間から心臓が締め付けられるような感覚になりそれのせいで余計なネガティヴな事が頭に浮かんできて余計に辛くなってしまいます。

心臓が締め付けられる感じが無ければもっと楽になれるのになと思うのですが、対処法や病名などわかる方いましたらアドバイスなどお願いします。

生きるのって本当に辛いですね。

閲覧数:
424
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

堀江健一さんの画像

専門家

堀江健一さん

2019/10/2912:45:30

不安障害・パニック障害を患い、最近職場復帰するも、動悸がしてお辛いのですね。
心療内科か精神科などには通院なされておられるのでしょうか?
もしそうなら、お医者さんには復帰後の症状に関してどのようなご意見なのでしょう?
また、復帰に際して、復帰プログラム的なまず午前就労で、段々通常に戻すような段階を経ておられるのでしょうか?
また、不安なお気持ちになる背景の問題はどの程度解決しておられるのでしょう?

現在のご様子から察して言えるのは、お仕事に復帰されるのはまだ早かったのではないだろうか?と言う事です。

少ない情報に中でアドバイスできるとしたら、まずはお医者さんかカウンセラーにご相談してみたら?と言えるくらいです。

パニック障害の背景には「うつ」があることが多いので、気分の浮き沈みなどはないのか?など、色々お尋ねしてみないと病名や対処法などは言えるものではないと思いますよ。

回答した専門家

堀江健一さんの画像

堀江健一

恋愛アドバイザー

恋愛ができないと思われている方を専門にご相談を受けます

人間関係全般や、恋愛感情が持てない、親密になるのが不安と思っている等、人と自分との関係性で悩まれている方を中心にカウンセリングします。悩みの根本にある問題に焦点を合わせ、向き合って行くお手伝いをいたします。

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

men********さん

2019/10/2921:04:59

投薬治療で完治したと誤解して復帰される方もいますが、何かを完治する機序があるわけではないので注意してくださいね。


何故か医療機関が気にもしない姿勢の悪さによる呼吸のしづらさについて考えてみてください。

まずは呼吸器科や循環器科で内臓疾患が無いかを確認してくださいね。
原因不明ですと安易に心因性として精神科を勧められることもあるので要注意です。

私はパニック障害で同じように日常的に動悸や息苦しくなることが多かったのですが、自力で完治しています。
一般的にパニック障害などの気分障害は投薬治療ですが、殆どは私と同じケースで投薬は無意味だと思っています。
結局のところ、パニック障害などの気分障害の殆どは精神科で扱うべきものではないと思いますが、根本原因が明らかになった時に精神医療関係者への責任追及がどうなるのか興味深いです。
(私の推察が正しければ解明出来なかったなど言い訳できないレベルです。)


今そこで肩を上げずに胸式呼吸で深呼吸できますか?(腹式呼吸をしないようにお腹を凹ませた状態で)
その時に肩が上がったり肋骨や背中が窮屈な感じはないでしょうか?

私はまさにそれでした。
何故か医療機関で見向きもしない「姿勢の悪さによる浅い呼吸」に注目してみてください。
腹式呼吸が良いとして腹式呼吸に注力する方々がよく居ますが、重要なのは「胸式呼吸」です。勘違いしてはいけません。
(満腹時に腹式呼吸しにくくなるのはもちろん、腹痛の際に腹部に緊張があると腹式呼吸など出来たものではありません。胸式呼吸が出来ないと欠伸の時に息が詰まったように感じるのも分かり易い傾向ですが、これも医療機関では何故か指摘もされません。)

体の歪み、猫背、ストレートネック

慢性的な浅い呼吸

ストレス、不安、緊張による体の硬さ、呼吸の乱れの助長

更なる息苦しさ

(悪化後)
自律神経失調、パニック障害、鬱症状、不安障害


私は整体などに頼らず自宅でのストレッチだけで完治しましたが、猫背や両肩の高さの違い、顎関節症、ストレートネック、肋間神経痛などがあれば、それを改善の指標として取り組むと良いと思います。(全て自力で完治しています)

よくやっていたのは「後ろ合掌」ですが、やってみるとわかるように左右どちらが合わせにくいと思います。

まずは後ろ合掌など背中のストレッチを進めてみてください。
両肩の高さを合わせて後ろ合掌(出来なければ背中側で両手を絞るように繋いで、両側肩甲骨を強く寄せる)しながら、顎を引いて首を伸ばすようにするストレッチ、また顎を引くのではなく、顎を突き出してやるバージョンはお勧めです。
呼吸自体のトレーニングですが、誰かに肺の高さの背中に手を置いてもらって、お腹を凹ませて肩を上げないようにして背中を膨らませる事を意識して胸式呼吸で手を押し返すトレーニングをお勧めします。

先日は大変嬉しいBAを頂きました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141997154...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q142000229...

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132116162...

原因不明の息苦しさが心因性だと盲信している精神医療の抜本的な是正を進められればと思っています。
根本原因を明らかにせざるを得ない状況になった時に精神医療がどう言い訳をするのか、そしてどう責任を取るのか、大変気になりますね。

mar********さん

2019/10/2914:32:05

おそらく自律神経失調からくる症状でしょう。
対症的にはβブロッカーという薬が奏功する可能性があります。
インデラルとかなら心療内科でもよく処方されています。

自己責任ですが、メインテートなら個人輸入でも買えます。

2019/10/2912:28:59

生きるってことは障害物競走みたいですね
右往左往してなかなか正解を引けません
あなた様同様で 15年間パニック障害と不安障害を患っていました
他にも問題はありましたが今は全て完治して11年経っていますが
何も発症していません
完治するまで病院に頼っていましたが
それは正解ではありませんでした
薬はダメですね 体がおかしくなっちゃいます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる