ここから本文です

投票受付終了まであとわずか ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

ブルース・リーは、映画「燃えよドラゴン」の撮影で、オープニングのサモハンとの...

アバター

ID非公開さん

2019/10/3123:36:38

ブルース・リーは、映画「燃えよドラゴン」の撮影で、オープニングのサモハンとの対決の後や、オハラとの対決で宙返りをするようなシーンを代役を立ててますが、ブルース・リー自身は、あのようなアクロバティックな

動きは実際には出来なかったのでしょうか?代役を立ててる場面がある理由は何ですか?

閲覧数:
43
回答数:
3

違反報告

回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kat********さん

2019/11/700:20:36

実践的では無いというのもあるかもしれませんが、一番は、不慣れな動きをして、怪我でもしたら、その後の撮影スケジュールに悪影響が出るってところじゃないでしょうか。

unk********さん

2019/11/102:41:19

バク転は出来なかったようですね。
練習すればできるようにはなったと思いますが、
自分でそれをやる必要性を感じなかったのでしょう。

プロフィール画像

カテゴリマスター

不知火さん

2019/11/100:43:06

ブルース・リーは格闘家が役者をやったパターンなので宙返りして蹴るというような実戦では使えないような動きはできなかったでしょう。

なのでサマーソルトキックは演劇用の訓練を受けたアクション役者(ユン・ワー)が代役をしました。

ユン・ピョウやジャッキー・チェンなんかは役者がアクションとしてカンフーをやっていたパターンなのでブルース・リーとはスタンスが違います。

もちろんブルース・リーの身体能力は高いので練習時間を作ればあのような動きはやろうと思えばできたでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる