ここから本文です

バッハの「G線上のアリア」って、 バイオリン演奏の難易度からすると ABCDEどの...

cab********さん

2019/11/121:40:52

バッハの「G線上のアリア」って、
バイオリン演奏の難易度からすると
ABCDEどのレベルに分類されますか?

.
何の気なしに見始めたTBSドラマの
「G線上のあなたと私」ですが、意外に面白く
録画して見るまでになりました。

19歳・27歳・46歳のいい歳で未経験の大人が
今から始めてグングン上達するとは思えないし、
三人ともそんなことを目指してはいまい。

でもバッハのこの曲は本来、その気になれば
弦一本でも弾けてしまうのだとか。
テンポもゆっくりだし、聞くに堪えない騒音を
まき散らさない程度には奏でられそうに見えます。

教室主催の二度目の発表会で「G線」に挑んだ
小暮・北河(都合で欠場)・加瀬の選曲は
無謀ですか? あれはアリですか?

閲覧数:
462
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

mjcdwld1982_さん

2019/11/122:12:16

下手くそで音程も少々外してもとりあえず落ちずに通して弾けることを「弾ける」というなら、ポジション移動を一応それほど不自由なくできる人なら、その延長くらいで弾けるよ。テクニック的にそんなに難しい曲じゃない。何を基準とするかだけど、学習中のアマチュアでAかA'くらいかな。プロ並みに「弾ける」というなら、プロ並みの正確な腕と表現の感性が必要だけどね。そんなレベルをここで言っても仕方ないと思うけど。

ちなみに原曲は管弦楽組曲第3番のなかの一曲で、それをヴァイオリニストのヴィルヘルミが移調して編曲して、G線一本でも弾けるように編曲したものです。

  • mjcdwld1982_さん

    2019/11/200:32:17

    少なくとも超絶技巧ではありませんよ。もっとチョー難しい曲が山ほどあります、てかソッチのほうがずっと多い。ただ単純な曲だけに、流して弾くだけに留まらず、人様を十分感動させる心のこもった演奏となると非常に難しいですね。先に挙げたような下手くそ基準でいいならド下手の私でも一応弾けましたけどね。度々アンコールで弾いているというクラカテオケカテで超有名な誇大妄想大先生はどのくらい弾けるものか披露していただきたいものです。実は楽譜がまともに読めないとか色々発覚して恥をかいているはずなんですけどね。運営も分かってるはずなんですけど批判するほうが削除されるという無法地帯になっています。いい世の中になって欲しいものです。

  • その他の返信(4件)を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuk********さん

2019/11/605:59:31

レベルはわかりません。すみません。

プロじゃないんで、発表会でやりたい曲をやるのはアリだと思います。
その方がモチベーションも上がるだろうし。

ayu********さん

2019/11/603:13:11

初心者でも弾けるくらいには優しい曲なのでDかEくらいだと思いますね。

ただ人前で弾くとなると、ロングトーンが多いのでビブラートだったり弓の扱い方が拙いのがモロに出ます。

ついでに、本来バッハのアリアと後年に編曲されたG線上のアリアは少し違います。


結論として、この選曲はアリと言えるんじゃないでしょうか。

imo********さん

2019/11/220:08:47

やったことある楽器は金管ばかり、弦はコンバスを触ったくらいなんで、真に受けないでください。

たぶん、中間くらい、質問にあわせるとCだと思います。
やる気があればできるけど、やる気がなければ何年やってもひけないでしょう、的な。

そういえばなんですが、私もピアノのエリーゼのためにくらいというのは聞いたことがあります。
エリーゼのためには、大人が真剣に練習すれば、3ヶ月あればひけます。
子供は本気でやればもっと早いんじゃないかな、集中力が続かないから時間かかるだけで。
だからCということで。

発表会は無謀ですが、やる気があって、舞台に立つ練習だと思えば妥当かも。
場馴れしてるかどうかって、演奏に影響しますからね。

sim********さん

2019/11/123:22:00

何度も申し上げておりますが、3人が1、2ヶ月練習したっところで、
ドラマではわざと下手に弾くところのシーンですらも使えません。

オーケストラでは、トライアングル1つ叩けるようになるにも、
それまでにきちんとしたクラシック音楽の教育を受け、それこそ血の滲むような練習を必要とします。

チョン・キョンファでも、ロンドンでの衝撃的なデビューから40年も経って、やっとこのような深みのある演奏が出来るというもの。
(ピアノ伴奏は世界的指揮者で兄のチョン・ミョンフン)

J・S・バッハ(ウィルヘルミ編曲)/G線上のアリア
鄭京和(チョン・キョンファ)(ヴァイオリン)、鄭明勳(チョン・ミョンフン)(ピアノ)
https://youtu.be/0HZxHTuDz38

しかし、私の周りには、大人になってからヴァイオリンを始めて、今も立派にオーケストラで演奏している人が何人もおります。

人生100年時代です。
時間はたっぷりあります。

是非、挑戦してみて下さい。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2019/11/123:03:47

そうですね

(笑)

バッハの曲ですね

(笑)

私はドラマを見ていないので
知りません

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる