ここから本文です

文章を読むのと、実際にその文章を読みながら字にして書くのとでは、吸収する理解...

vek********さん

2019/11/617:54:55

文章を読むのと、実際にその文章を読みながら字にして書くのとでは、吸収する理解度が違う気がするんですが実際はどうなんでしょつか?

閲覧数:
11
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/11/700:53:39

脳への刺激を与え記憶させるのには、五感を一つでも多く活用すればするほど、記憶量と質の高まることが期待ができます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kom********さん

2019/11/619:53:59

黙読→音読(声を出して読む)→文章を書写する

普通この順で理解度が増すといわれます。
最後の書写と音読を合わせるのは難しい(時間が異なる)のであまり実際にはされていないと思いますが、漢字を覚えるには確かに後の例よりも良いのではないでしょうか。
認知症対策として、音読してその文章の意味を理解するということが行われています。脳の活性化(血液の流量)が有意的になされるそうです。

cho********さん

2019/11/619:37:08

そのものに関しては確かにそうだと思う。しかし、書く時間を他のものを吸収する時間に使った方が良いように思います。

nug********さん

2019/11/618:10:01

あなたのおっしゃるように、字にして書くという作業をすることで、細部に亘り、その文章を理解することになると思いますので、理解度の深さには、違いがあると思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる