ここから本文です

アメリカは空母をたくさん持ってるのに どうしてロシアはほとんど持ってないんで...

みかんさん

2019/11/623:34:49

アメリカは空母をたくさん持ってるのに
どうしてロシアはほとんど持ってないんですか?
ロシアはこんな戦力差で悔しくないんですか?

閲覧数:
254
回答数:
12

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tto********さん

2019/11/922:30:14

政治的な理由です。
ソ連時代から空母の開発には積極的でしたが、内部の反対派(核戦力優先派や空母嫌い元帥)により計画が頓挫してしまいました。
蒸気カタパルトの開発に成功し、後は船体を作るだけという状況までは行きますが、結局上記の反対派の影響により殆どが計画変更を余儀なくされています。

アドミラル・クズネツォフは、蒸気カタパルト搭載の空母を嫌う派閥と空母は絶対に必要だと考える派閥双方の意見を反映する形で仕方が無く完成したもので、技術不足によるものではないです。

空母嫌いのトップが死去したのを見計らって、ウリヤノフスク級建造が進められますが、ソ連崩壊の影響で計画ごと消えてしまい、新規計画も不可能な状態であったという感じです。

ここ数年は、ロシア経済が多少ましになったので、空母開発が再開されています。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/11件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

die********さん

2019/11/1114:11:52

圧倒的に国力が違うからです。

mt7********さん

編集あり2019/11/1112:56:08

空母打撃群を構成するための建造費と維持費など財政上の問題です

ざっと
空母打撃群建造費2兆円
(凡そ自衛隊の年間予算)
・ジェラルド・R・フォード
空母艦載機を含め1兆5,000億円

戦時になれば
空母はミサイルの飽和攻撃を受ける可能性が高く護衛艦が必要となります
・タイコンデロガ級巡洋艦
2,000億円
・アーレイバーク級駆逐艦
2隻2000憶円
・ロサンゼルス級潜水艦
1,600億円

空母打撃群の平時維持費は
1日で3億円
年間1,100億円となります

戦時になれば
1発が1.3億円のハープーン等ミサイルを何百発も発射する訳です

ロシア2019年の軍事費では
自衛隊の防衛費より少ないため
空母打撃群の建造費や維持費は出せないです

アメリカの
GDPは世界の25%に達し
軍事費は
アメリカが7,160億ドルと世界の36%を占め
次に中国が2,240億ドルと世界の16%を占めます
ロシアは2019年の軍事力ランキングでは2位ですが軍事費は440億ドルです
因みに
日本は470億ドル

経済力が無ければ軍事費も捻出出来ない
となりますが
軍事費を増やしている
中国は空母打撃群を着々と準備中しています

ls1********さん

2019/11/1016:50:12

まず第一に財政上の問題。
空母の運用というのは空母本体が巨大で乗員も多い上、多数の航空機を搭載しなければならず、単艦の防御力の低さを補うための随伴艦隊も必要。故に目玉が飛び出るほど莫大な予算を食い荒らすため、列強としては経済力の弱いロシアに多数の保有はできない。

第二に必要性の問題。
ロシアにとって脅威となり得る隣国は米中日とNATO諸国。
対米は水上艦の行動できない氷に閉ざされた北極海が主戦場となるため、潜水艦兵力の方が重要。対中と対NATOは地上戦なので陸空軍の管轄。対日は海を隔ててこそいるものの距離が近いため本質的に遠征用である空母は不要。
このようにロシアの防衛環境は空母が必要な仮想敵に欠けているため、多数の空母は不要なのである。

逆にアメリカだけが大量に空母を保有している理由は、世界中に有形無形の「ナワバリ」を持ち、全世界に散らばる権益を漏れなく守るために巨大な海軍力を必要としているため。なお、莫大な予算を食い荒らす点は変わらないので軍事的優位と財政負担との兼ね合いは歴代大統領の頭痛の種なんだとか。

nar********さん

2019/11/720:04:55

アドミラル・クズネツォフは公式的には空母ではなく、重航空巡洋艦。


ソ連時代の冷戦時代末期に、キエフ級4隻に、アドミラル・クズネツォフ1隻を保有していたが。

1番艦キエフ、2番艦ミンスク、3番艦ノヴォロシースクは冷戦終結の煽りで予備役入り後退役。4番艦バクーはインドに売却され魔改造されてヴィクラマーディティヤに生まれ変わる。
艦載機のYak-38がハリアーに比べて使えないVTOL機だった。


アドミラル・クズネツォフの2番艦ヴァリャーグは冷戦終結の煽りで、建造途中で放棄された後、中国に売却されて「遼寧」として生まれ変わる

カタパルトとスキージャンプのハイブリッド空母だったウリヤノフスク級原子力空母も、建造途中で冷戦終結で建造中止解体

アドミラル・クズネツォフは公式的には空母ではなく、重航空巡洋艦。...

zer********さん

2019/11/709:17:52

そもそもロシアは陸軍国で昔から海軍はオマケみたいなものだし、国力で大差がある。
面積だけ見ればアメリカ以上でも、総国力はアメリカの1割にも及ばない。ソ連として旧共産圏国家を支配下に置いている時代の最盛期でも対米比は最大で3割程度でしかない

我々がイメージするソ連・ロシアというのは多くが資本主義勢力がまとまるために強大な仮想敵として作り上げた虚像でしかない。まぁそれでも資本主義陣営外ではソ連・ロシアが最強であることは変わらなかったのだけど、所詮国力に限界がある以上アメリカらと同等の戦力など維持できるわけがない

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる