ここから本文です

高校2年女子です。

アバター

ID非公開さん

2019/11/801:10:08

高校2年女子です。

今日日本史の時間、「坂の上の雲」のロシアと戦っているシーンを見ました。
その時に何度か、日本の戦艦に0~9までの数字が書かれた、長針と短針の着いている大きい時計のようなものが映りました。
砲弾を打つ前か後にその針を動かしていたのですが、なんの意味があるものなのでしょうか?

閲覧数:
68
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ls1********さん

2019/11/921:31:01

あれはレンジクロックといって、自艦が狙っている目標の方位と距離を周囲の味方艦に知らせるためのもの。

戦艦が砲撃戦をする時には1〜2列の縦隊で行列するように航行し、先頭の艦に司令官が乗って指揮を執ります。
当時の無線機は性能も耐久性も低く、砲撃戦の時はあまり頼れなかったため、司令官の指示を後続艦に知らせるために発明されたのがレンジクロックです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

for********さん

2019/11/806:24:05

敵艦との距離を示していました。
例えば、6300メートルのときは、短針が6,長針が3でした。
騒音の中で、声では伝わらないのでこのような方法で伝えました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cra********さん

2019/11/803:14:13

それが実際にそうかは知りませんが、そうやって砲撃すべき方向を指示したらしいです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる