ここから本文です

宝石のダイヤモンドの仕組みにつていご存じの方教えてください!! 不思議に思...

mmoさん

2019/11/806:26:53

宝石のダイヤモンドの仕組みにつていご存じの方教えてください!!

不思議に思うことがあります!

ダイヤモンドの生まれる仕組みは火山などの地質現象などで
マグマの噴出によって生成されますが、ダイヤモンドだけはそれに加え高圧力が作用しています。また、トルマリンやトパーズはマグマが地球内部でゆっくりと時間をかけて冷えることでできる結晶に対して、ダイヤモンドはマグマが音速以上の噴出で地表に急上昇した際に瞬間冷凍されることによって誕生するのです。

という説明がありました!
そして別の記事で、人工物のダイヤモンドが作られているという内容の中で
宝飾業界の人やコンサバティブな人は、何億年という時間をかけてできた天然ダイヤモンドに価値を見いだしているようですが、どちらを選ぶかはその人の価値観の問題かもしれませんね。
というものがあります


どちらも興味深い話ですがこの話に共通する話題のダイヤモンドの形成条件に矛盾があります
ダイヤモンドはマグマが音速を超える速度で噴出されることでダイヤモンドになる
天然のダイヤモンドは何億年という時間をかける
この二つなんですが、いったいどういうことでしょうか?

ダイヤモンドの生まれる経緯についてご存じの方
是非教えてください
よろしくお願いします

閲覧数:
394
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dal********さん

2019/11/1122:40:11

炭素の塊がダイヤモンドの結晶になるための条件は
温度:900~1000℃、圧力:4万~6万気圧とされています。

この温度が厄介でして、これより高くても低くてもダイヤモンドに
なりません。
地中を深く掘っていくと、温度と圧力はともに上昇していきます。
しかし、4万~6万気圧になるまで深く掘り進めると、普通なら
温度は1000℃を超えてしまうのです。


ではダイヤはどこにあるかいうと、大陸のような巨大な岩盤の下で
ゆっくりと温度が下がり、1000℃以下まで冷えた所で生成されます。

1000℃以下まで冷えるには、大陸が形成されてから約10億年ほど
の時間がかかります。
「ダイヤができるまで何億年の~」はこれを指しているのでしょう。

それが火山によって、900℃以下のダイヤモンド結晶が壊れる温度の
領域を一気にぶっちぎるほどのスピードで地上まで吹き飛ばされたとき、
結晶構造をそのままに冷えて固まり、ダイヤモンドが形成されるのです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

タックさん

2019/11/807:54:07

実験室で爆発的に作れるダイヤは極小さなものです。 自然に出来るダイヤも大きなものは時間をかけて出来ます。
ダイヤが取れるのは急に噴出した火山ですがその理由は、その時出来るのでは無く、ゆっくり冷却するとグラファイトに変わってしまうからです。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

qqm********さん

2019/11/807:39:25

大学の時に、ダイヤモンドを人工的に作り出す研究していた先生がいましたよ。
爆薬の力で作るのです。
大学の隅の建物で、爆発させていました。


天然のダイヤモンドは何億年という時間をかける
結果的にそうなっただけの事であり、一舜で可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる