ここから本文です

FP2級の試験内容に関しての質問です。

zum********さん

2019/11/813:09:08

FP2級の試験内容に関しての質問です。

FP2級過去問題 2018年9月学科試験 問59
賃貸の用に供しているマンション(家屋)の相続税評価額
マンションの家屋の固定資産税評価額:10,000万円
借地権割合:70%
借家権割合:30%
賃貸割合 :100%
正解は7,000万円ですが、

貸家建付地の相続税評価額の計算式は
自用地評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)=貸家建付地の評価額
とあります。

FP試験では借地権を計算に含めていませんが、
どうしてなのでしょうか?

お分かりになる方がいましたらお教え下さい。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
18
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

oio********さん

2019/11/813:52:13

貸家建付地は土地の評価方法。
問題は貸家の評価。
家屋の固定資産税評価額に借家権割合と賃貸割合を乗じた価額を、その家屋の固定資産税評価額から控除して評価
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4602_qa.htm

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ベックさん

2019/11/814:40:16

家屋とは建物の事です。

借地権は土地に関する権利です。
土地の評価では関係しますが、建物の評価には関係ありません。

ケアレスミスですよ(笑)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる