ここから本文です

デイブウェックルみたいな上手いドラマーってハイハットオープンの時にほんの少し...

アバター

ID非公開さん

2019/11/818:47:05

デイブウェックルみたいな上手いドラマーってハイハットオープンの時にほんの少しだけハイハット開けてスティックをハットに押し付けるような奏法してませんか?

あの奏法は何故するのでしょうか?

補足4:46です
https://youtu.be/vcJtKP-PMxU

閲覧数:
33
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jaz********さん

2019/11/911:46:10

上手すぎて困った人です(笑)。この映像は私も以前見てましたが、「はー」で終わってました。冒頭にレッスンの広告もありますが、取ってもついていけそうにありません。最近も東京ジャズでチックコリアと演奏してましたが、録画は何度も見ました。

細かいところまで観察されてますね。上のHHを押しこむことで下のHHと斜めに合わさり、全面的で長い「シー」が出てきます。短い「シッ」と言う奴でもスティックはHHから離れません。また、HHは単体で開いて叩くと「チーン」と言う間抜けな音しか出てきませんので、この音を抑えるミュートの効果も果たしていると思います。

この感覚は私だけかも知れませんが、休符の間右手は空中で遊んでいるより、何かと接触していた方が間合いも取りやすいです。

おっしゃる通り、フュージョン系で上手いと評されるドラマーは、皆HHで色々な音色が出せ、その使い方も非常に上手いです(スティーブ・ガッドも特にそう)。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kok********さん

2019/11/919:59:11

ああ・ウエックルさんの手癖でよくみかけるね。

この人、ライド?クラッシュ?を二枚重ねて
そんな風に押さえつけて叩くことあるよね。

まあ一言でいえばそういう表現をしたいだけのこと。
その動画の表現はハットを閉める”具合”がキーになるのかな・

ハットを押さえつけ音を終わらせるのは結局ハットを閉めて終わらせるので
そのへんの「譜割り」の表現の一つでしょう。
歌手でいうところのシャウトをどう歌うか・みたいな・・

プロフィール画像

カテゴリマスター

Weckl Loverさん

2019/11/911:21:28

スティックでトップシンバルをプレスして傾けてやった方が上下のシンバルが触れ合っている音が長く出ますよね。そのためです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる