ここから本文です

東北震災でいち早くファントム戦闘機の偵察機が飛びました。随分今更F4ファントム...

bia********さん

2019/11/918:55:10

東北震災でいち早くファントム戦闘機の偵察機が飛びました。随分今更F4ファントムかよと馬鹿にされましたが,それなりの情報収集をしたものと思います。

最近F4偵察機の勇退が報道されています。

しかし,それに代わる情報収集戦闘機(偵察機)はある
のでしょうか。今後は,温暖化で大規模災害の頻発が予想されます。

戦闘機型の偵察機とヘリコプター型の偵察機の両方の備えが必要と思いますが備えは万全なのでしょうか。

補足皆様ありがとうございます。アメリカはカリフォルニアのサンアンドレアス断層が何百㎞動いてもU2が一度飛べば新聞が読めるほどの精度で情報収集が可能なようです。

日本でも東南海地震が心配されています。今回の台風被害でも北関東の被災地上空を偵察任務と思う戦闘機が低空飛行していました。

心配して質問に至ったわけですが,F35にそのような機能があるとは知りませんでした。疑問は解決しましたがベストアンサーは投票にさせていただきます。ありがとうございました。

閲覧数:
79
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mur********さん

2019/11/1320:26:07

しかし、そもそもなぜF-4が、わざわざRF-4に改造されて偵察機として飛ぶようになったかですよね。

これはもともと無人偵察機やU2が容易に撃墜されてしまったからなのです。

U-2に関しては1960年にU-2撃墜事件というのがありました。高高度偵察機は敵レーダーに容易に探知され、地対空ミサイルに簡単に撃墜されてしまったのです。

U-2は、キューバでも台湾でも地対空ミサイルに撃墜されました。

ベトナム戦闘時代にはファイアビーという無人偵察機がありましたが、これも簡単にMiG-21に撃墜されました。

他にもF-101ブードゥーが偵察機として使われましたが、速度が遅く、MiG-21に簡単に追いつかれ、撃墜されました。

高高度飛行では、地対空ミサイルに簡単に撃墜され、低速の偵察機ではマッハ2を出すMiG-21に簡単に追いつかれて撃墜される。こうして誕生したのがF-4を改造したRF-4偵察機なのです。

RF-4偵察機は、敵のレーダー電波をかわすために低空を地形に沿って飛行し、なおかつ超音速を出せる敵戦闘機からも逃げられるマッハ2・4の速度を持つ戦術偵察機なのです。

敵の地対空ミサイルや、敵の超音速戦闘機を想定すると、U-2や、無人偵察機では代わりにならないのです。

災害時の偵察というのは、本来の任務ではない副次的な任務であり、本来の任務は、敵の地対空ミサイルや、敵戦闘機のいる戦場の偵察なのです。

イランでは、アメリカの無人偵察機が偽のGPS電波でハッキングされ、イランの無線操縦で無傷でイランに着陸し、捕獲されました。

F-35は、画像を司令部に送信できるといいますが、妨害電波でジャミングされた場合は、画像を電送できない可能性もあります。

あとF-35は最高速度が遅いので、MiG-31や、Su-27のような戦闘機に簡単に追いつかれる可能性もあります。

F-35のステルス性能は正面限定で、逃げる場合は簡単に探知されるともいわれます。また画像を電波で送信したら、送信電波を敵に探知されるかもしれません。ステルスのコンセプトと矛盾します。

しかしどっちみちRF-4でも、MiG-31よりは遅いわけですが、それでも速い方が有利なのは確かです。

ロシアが今でもMiG-31を使い続けるのは、やはり速い方が圧倒的に有利だからです。

そういうことを考えれば、むしろマッハ2・5のF-15を改造した方が偵察機としてはF-35よりも有利かもしれません。

ヘリコプター型偵察機は、敵戦闘機のいない戦場でのみ使うことが可能です。敵戦闘機のいそうな戦場では使うことはできません。

U2が一度飛べば新聞が読めるほどの精度で情報収集が可能、というのは敵の地対空ミサイルがいない場所では可能ですが、敵の地対空ミサイルがある場所では簡単に撃墜されて情報の収集は不可能になるのです。

とにかくRF-4の本来の運用想定は、平和な時の災害現場の偵察ではなく、敵ミサイルや敵戦闘機のいる戦場の偵察なのです。それを忘れてはなりません。

たとえば東シナ海に、中国海軍の防空駆逐艦や、空母が出現した場合に、それの偵察が低速のグローバルホークでできるでしょうか?上空には空母から発艦したSu-27が警戒飛行しているかもしれません。もちろん艦対空ミサイルもあります。

もちろんこれはRF-4をもってしても非常に困難な任務ですが、F-35でも画像を電送すればすぐに電波が中国軍に探知されるかもしれません。

どっちみち非常に困難な任務です。低高度地形追随飛行とか、地形確認をしながら 位置と時間を正確に航法飛行とか、いうのは確かにその通りで、要撃任務のF-35にやらせればいい、というような簡単な話ではないのです。

偵察任務であれば、逆に無線封止の必要もあるかもしれませんし、リアルタイムでデータリンクといっても、ジャミングでできなくなる可能性もあるのです。

オセチア紛争では20機ほどあったグルジア軍の無人偵察機は、二日で全部ロシア軍に撃墜されたといいます。

シリアにはロシア空軍が介入していますが、ああいう戦場では無人偵察機を使うことは困難なのです。

シリアではロシア空軍もステルス戦闘機Su-57を投入しています。中国空軍にもステルス戦闘機があるといわれます。もはやF-35で偵察しても成功するかはわかりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

poo********さん

2019/11/1007:14:37

東日本大震災のあとに飛んで離陸をして偵察した航空自衛隊機はF-15です。RF-4が引退するからといって、その雄姿に事実ではないことをねじ込むのはどうかと思います。
http://www2.takanawa.ed.jp/club/syakairekishi/pdfs/kyuuka11l.pdf

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nar********さん

2019/11/922:48:55

F-35は戦術偵察機としても優秀な能力を持っている。
搭載している光学照準装置で撮影した画像や映像をそのまま司令部などに送信できる。フィルムを持ち帰るRF-4E/EJとは違う。
F-35ってステルス性だけを注目している人がいるけど、情報収集能力も優秀。偵察ポッドを搭載する必要性も無い。スクランブル待機しているF-35が飛んで行って、昼夜関係なく撮影ができる。


F-2A/BもスナイパーXR照準ポッドの運用をし始めれば、同じような運用が可能だろうけど、スナイパーXRが常時搭載している物ではない。



戦略偵察機としては、RQ-4グローバルホークを導入する。

F-35は戦術偵察機としても優秀な能力を持っている。...

huy********さん

2019/11/921:01:01

F-35は素で情報収集能力は高いですよ。

これに偵察ポッドをつけるとそれなりの偵察機に仕上がるようです。

kaz********さん

2019/11/920:14:16

他の方も答えてはいますが、RF-4E RF-4EJ
偵察航空隊での、F-4ファントム機種での偵察器材専用の
各機体が、用途廃止後には 有人?での操縦士が登場し
飛ぶ!有人偵察機は、なし!

無人での大型の長距離長時間飛行での、無線誘導等での
ラジコン機!グローバルホークでの運用

通常型での戦闘機で、平素から要撃戦闘訓練とか
対領空侵犯措置任務での、アラート待機!
緊急発進 スクランブル 関連での戦闘機の機種の中で

F-35ライトニング 機首の下側には 高性能?等での
IR、赤外線方式とか、オプチカル!光学関連での可視光線
関連で・・・そのセンサーを活用&利用!
データーリンクで、データーをリアル・タイムで共有可能?
ま~稼働率!オペレート OR率等の現実で、かなり
凄く無理?でも・・・天災での非常時には、優先!とか・・・

観測衛星!という名での 偵察衛星?からの情報データー
収入?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

gjf********さん

2019/11/918:57:18

まだ時間はあります。
そんなに急がず、国の万全を待ちましょう。
果報は寝て待てです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる