ここから本文です

将棋の上達方法について 将棋倶楽部24で13~15級をうろちょろしてる実力...

aka********さん

2019/11/921:01:35

将棋の上達方法について

将棋倶楽部24で13~15級をうろちょろしてる実力です。
よく「詰将棋がいい」と聞いてるので、毎日詰将棋はやってます。

しかし、今は序盤の駒組や相手の攻めの受けが苦手です。
このような場合、何をどのように勉強すれば上達しますか?

閲覧数:
54
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2019/11/921:05:53

本買って勉強する

  • 質問者

    aka********さん

    2019/11/921:20:54

    全然、具体的な内容じゃないね。
    そんな内容なら回答するな。
    書くなら、どんな本を読むとか、具体的に書け。

  • その他の返信を表示

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ast********さん

2019/11/922:15:26

詰将棋は終盤の詰みの有無の判別ももちろん強化されますが、それよりも「読み」の速度精度を高めるトレーニングだと思っています。なので詰将棋をやれば読みという観点で序盤中盤もある程度強化されると思います。しかしそれだけでは効果的に強くはなりません。将棋では候補手を挙げて読み、判断するわけですから、いくら読めても挙げた候補手が残念なものであっては意味がありません。
持ち時間の短いアマチュア将棋では深く正確に読むことよりも第一感でいかに良い手が浮かぶかのほうが優先される能力なのです。このセンスの良い第一感や候補手を導くものが定跡や経験といった知識です。ネットでも良いですし棋書でも良いので質問者様が今使っている戦法の定跡を極めることから始めてはいかがでしょう。意外と知識を蓄えることは思考の強化に直結しています。

編集あり2019/11/921:36:52

将棋に必要な力を大別すると、読み、知識、感覚です。詰め将棋は読みの力がつきますが、知識や感覚は身につきません。
序盤は、自分が採用する戦法の定跡を学ぶことと、棋理を学ぶことで知識を強化すれば、かなりカバーできます。
受け方は、棋理を学ぶとともに、ある程度型を知ることで強くなるのですが、受け方全般を学ぶのに適した書籍は残念ながらきいたことがありません。現状、定跡を学ぶ中で攻防の型を吸収するぐらいでしょう。
棋理については、下記が参考になると思います。
http://outeshogi.web.fc2.com/2-kiri/kirin/souron.0.html

プロフィール画像

カテゴリマスター

としさん

2019/11/921:29:53

序盤に関しては質問者さんが使ってる戦法の定跡(解説付き)を勉強した方が良いと思いますね。
定跡はしっかり勉強すると、各戦法の狙いや強みが理解できますし、どのように指せば有利な局面になるのか(相手の攻めもどうやって対処するか等)が少しずつ分かってきます。

ただ勉強するにしても、最初から高度な内容は無理ですので、まずは質問者さんが使っている戦法の''基本''を学べるレベルの本を用意して読んでいくと良いでしょう。もちろん、本以外であっても、信用できる解説付き定跡が学べる手段があれば、そちらでも勉強してみても良いと思います。

なお、詰将棋は今まで通り続けてもらいながら、定跡を勉強していけば確実に強くなれます。頑張ってください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる