ここから本文です

スキーのゴーグルでなるべく曇らない商品を教えてください。

swy********さん

2019/11/1011:36:24

スキーのゴーグルでなるべく曇らない商品を教えてください。

閲覧数:
146
回答数:
10
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ko_********さん

2019/11/1102:18:40

AXE推し以外は、ski********さんに、激しく同意します。

曇りの原因は、自分の呼吸がゴーグル内に入り込むことが一番で、次いで外気との温度差なので、一番大事なのは、自分の顔型にフィットしているかということです。

隙間(特に下部)は少ないほど良く、他の人が「曇らない」と勧めていても、自分の顔型と合っていなければ、性能の良し悪しでなく、曇ることも十二分に考えられます。

時々、「上下の空気口のスポンジを剥がして、通気を良くすると曇らない」という意見を拝見しますが、たしかに、この方法が有効な場合もあります。
が、この方法は、2次的な対処であり、とにかく、顔型にフィットしたゴーグルを選ぶことが、曇り防止の最善策だと考えます。

実売店舗に行って、バックルを留めることなく、顔に当てた状態で、少しだけ鼻から息を吸って、ゴーグル下部がフィットした感じがするモノを選ばれるのが良いと考えます。

最近は、ワゴンセールの投げ売り品でない限り、多くの製品がダブルレンズなので、ここに関しては説明を省略します。

熱線入り等、強引に曇りを除去するモデルもありますが、個人的に考えるに、自身の呼吸による曇りを熱線等で除去するよりも、そもそも、呼吸が入らない、顔型にフィットするモデルを選ぶ方が、得策だと考えます。

ご参考になれば幸いです。

質問した人からのコメント

2019/11/11 21:46:09

詳しい説明ありがとうございました。
他の方の意見も大変参考になりました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chi********さん

2019/11/1120:46:06

uvex をお勧めしたいです。alpinaも。値引にて予算¥10,000以下で購入可能です。
uvex g.gl 300 ¥9,900(税別)lasergold lite(S1)
uvex g.gl 3000 P ¥12,500(税別)polavision偏光レンズ(S1:透過率44~80%)
ダブルレンズ supravision(超くもり止めコーティング) UV(A,B,C) protection
曇り止めコーティングは、他の曇り止め液,アルコール等の溶媒で取れ、洗剤も好ましくない様で、レンズ内面は水で洗い滴を振って取る方が良い様です。(レンズ内面端の通気の小さな穴から水が入らない様注意して。)
レンズlasergold lite レーザーゴールドライト(オレンジ系、透過率60%、ダブルレンズ)が、降雪時,ホワイトアウト時でも contrast が付き易く、凸凹がはっきり見えると思います。一昔位前、アルペン回転系競技では多くの選手(TV見て半数前後?)が、lasergold lite (明るいオレンジ) の シングルレンズ(曇るので直前に装着、競技用) を使用していたと記憶しています。
偏光レンズは、日光が出ている時、雪面の照り返し(偏光)や眩しさを抑え、視界を良好に美しくします。曇りやホワイトアウト時には、偏光機能は発揮しません。ただ、オレンジ又はピンク系の偏光レンズならば、凸凹contrastが付き易くなるはずですが、可視光透過率は一般に偏光レンズ10%~30%で濃く凸凹認識も暗くなります。(薄いと偏光機能は低下します。)
球面レンズ(固く変形しない)より、平面レンズ(湾曲)の方が、flexibleで顔にフィットし易いと思います。
ミラーレンズは Fashion性のみと思います。(sales promotion 的に重要と思いますが。)Talex, Kodak等のメガネレンズ,サングラスレンズのメーカーをみても、ミラーの有用性は見付けられません。透過率が高いミラーレンズは特に、目の周りへの透過光が反射して、レンズ内側に映り込み、視認性が低下する、と感じております。
ゴーグルはFashion accessoryとしての要素も強く収益も良い様で、多くのブランドが林立し、スキー,スノボ選手が着用しsales promotionしていますが、(原価,物の性能に対して)販売価格は2万~3万と高い物が多く、OEMメーカーからのレンズ調達等、自社で主要部品を研究開発・製造するブランドは少ないと思われます。
以下は、Wikipedia からの抜粋です。
ウベックス(UVEX WINTER HOLDING GmbH & Co.KG)は、ドイツ、バイエルン州フュルトを本拠地とする世界的なアイウェア及びプロテクションギアブランド。1926年設立。社名がUVEX(UV:ultraviolet[紫外線] EX:exclude[排除])であるように、1960年代には世界に先駆けて紫外線から目を保護するレンズを製品化し世界的な名声を得た。
○uvex supravisionゴーグルやスポーツグラスのレンズの内側にコーティングされるナノテクノロジーを使用した独自の曇り止め技術。通常の商用曇り止めの約4~10倍の水分を吸収し曇りの発生を抑制する。共通の環境を用いたベンチマークテストにおいて他社追随を許さない。
FISスキーワールドカップにおいて多くの選手がゴーグルとヘルメットを使用し表彰台に上がっている。

牛的人間さん

2019/11/1114:03:07

swansなら品質も良いし、日本人の顔の形にあってるので、ダブルレンズの買えば良いと思います。

mib********さん

2019/11/1109:28:31

ダブルレンズならたいていOKですよ。
曇るのはむしろ使い方に問題があります。

アバター

ID非公開さん

2019/11/1108:42:03

一般的なメーカーで1万5千円程度以上の物なら、顔にフィットしていれば曇りが気になることは余りないと思います。
今シーズンはシングルレンズでも、"視界クリア"を謳う製品が各社から出ていますし、ある程度の価格を出せるのであれば大丈夫だと思います。

kan********さん

2019/11/1015:03:19

熱線入りのヤツ
高いがバッテリーが持つ限り極寒で曇ってもすぐ取れます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる