ここから本文です

質問です、路面電車は普通の電車と比べて勾配に強いのですか?、それとも弱いので...

gom********さん

2019/11/1013:52:09

質問です、路面電車は普通の電車と比べて勾配に強いのですか?、それとも弱いのですか?

閲覧数:
53
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kks********さん

2019/11/1019:16:37

勾配に強いか弱いかは、モーターの出力とブレーキの能力に左右されますから、一概には言えません。ただし、登攀性能だけで語るなら間違いなく路面電車は不利だと断言出来ます。とどのつまり、登るだけならモーターの出力がものをいうからです。

これに、抑速ブレーキの有無やブレーキそのものの性能で勾配区間の走行性能が決まります。ですから、極端な話をすればJR東日本のE235系を神戸電鉄に投入した場合、絶対神戸電鉄の車両のような走りは出来ません。モーターの出力は上でも、抑速ブレーキが無い上にそもそも超急勾配区間の走行を想定していないからです。

路面電車同士でも、例えば都電荒川線は線内に超急勾配区間があるために、当時の路面電車にしては強力なモーターを装備してブレーキも強めに設定されています。同様に、阪堺電気軌道もモーターの出力こそ荒川線に劣りますが、その代わりにモーターは4台装備(荒川線は2台)で、ブレーキも相当強力に設定されています。

ただし、いずれも線内の条件に応じて設定しているので「●●線の車両は高性能」「△△線は駄性能」と比較するのはナンセンスです。実際、荒川線は線形が良いが勾配が厳しい条件下で25km/h運転をするため、阪堺はそこまでの勾配ではないものの連続急カーブ付きという条件下で35km/h運転をするためのセッティングです。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2019/11/1021:36:06

京都市地下鉄東西線が開通する前は路面電車で京阪京津線が蹴上付近で急勾配40‰を走っていました。この急勾配40‰は飯田線にあるJRの最急勾配と同じですから遜色はないです。
というか、急勾配が有るならそれに応じた電車を一般鉄道でも路面電車でも用意しているだけだから、路面電車どうかと勾配に強いはリンクしてません。

tc3********さん

2019/11/1015:06:10

普通の電車といっても比較対象がないので、具体的には書けない。

路面電車では、勾配標識はないものの、橋梁の両端など60‰を超える勾配はざらにある。 一般の鉄道路線ではそこまでの勾配はない。 一般の鉄道路線では都市内と一部の山岳区間を除けば25‰程度が最急こう配。

一般的には路面電車の方が、勾配に強い。

kar********さん

2019/11/1013:58:47

路面電車にも色々あります。勾配に強い路面電車もあれば弱い路面電車もあります。
地下鉄の路線が意外とアップダウンが激しく急勾配であるように、都市も坂道は多く、特に坂道が多い町の路面電車は4個モーターで揃えるなど急勾配に強くします。

普通の電車と言われますが、急勾配用ではない電車のことですか?
その辺の比較条件を先に揃えたほうが良いかと思います。
箱根登山鉄道並みに急こう配を上る路面電車は、そうそうありません。
急勾配用ではない?普通の電車と比べるというのは、フェアではないというか、その時点で答えは出てますよね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる