ここから本文です

大学の学部で教えられる「経済原論」とマルクスの「資本論」はどう違うのですか?

nxn********さん

2019/11/1216:08:29

大学の学部で教えられる「経済原論」とマルクスの「資本論」はどう違うのですか?

閲覧数:
15
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

yu_********さん

2019/11/1217:00:39

科目名と教科書の関係ですね。

経済学は単一の学問体系ではなく、いくつかの流派があります。
大半は新古典派と呼ばれる流派で、これが現代の主流派です。
マンキューやスティグリッツの教科書を用いるのが一般的です。

これに対して、東大など一部の国公立大ではマルクスの経済学が経済原論として講じられています。
マルクスの代表的な経済学の書は『資本論』1~3部とその事実上の第4部にあたる『剰余価値学説史』、さらに『経済学批判』です。
但し、経済学批判以外は非常に難解なので、通常はそのまま教科書として用いることはなく、マルクス研究者やマル経学者が書いた種々の解説本を教科書にしています。

  • 質問者

    nxn********さん

    2019/11/1223:29:38

    回答ありがとうございます!
    勉強になりました。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/11/12 23:29:50

回答ありがとうございます!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる