ここから本文です

冬、エアコンと石油ファンヒーターとでは、どちらの方が維持費が高くなりますか?

kyt********さん

2019/11/1313:15:36

冬、エアコンと石油ファンヒーターとでは、どちらの方が維持費が高くなりますか?

閲覧数:
122
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tek********さん

2019/11/1506:58:11

灯油代を含めファンヒーターの方が電気代、維持費はかからないでしょう。
ファンヒーターは、暖まるのが下からですから暖まりやすいのが、メリットです、
ファンヒーターを買う時、匂いの少なめとか、匂いをアピールしてる製品を選ぶのがポイントです、

質問した人からのコメント

2019/11/15 19:16:58

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

cva********さん

2019/11/1406:11:47

使用環境、機種、電気の契約プラン、灯油の単価、などで変わりますが、部屋全体を暖かく保つ場合は、平均的に見るとエアコンの方が暖房費が安いです。

例えば、石油ファンヒーターを体の近くに置いて温風を直接体に当てて使い、室温はあまり上げない使い方をする場合は、エアコンより安くなる可能性があります。

【 参考 】 1円あたりの発熱量(暖房効率の良さ)

◆1、エアコン : 90~200W (寒冷地で寒冷地用エアコン 80~200W)
1000W/1時間 27円で計算した場合。

◆2、石油系暖房機器 : 110~120W
灯油1リットル 85円で計算した場合。
FF式石油ファンヒーターはさらに低くなります。

◆3、ガス系暖房機器 : 未計算
石油系暖房機器の半分程度と言われています。

◆4、電気ヒーター系暖房機器 : 37W 一律
1000W/1時間 27円で計算した場合。
ハロゲンヒーター、シーズヒーター、カーボンヒーター、電気ストーブ、こたつ、セラミックファンヒーター、オイルヒーター、電気カーペット、電気毛布、など。

この場合のW数は、消費電力ではなく発熱量です。
W数が多いほど1円で多くの熱を出せます。
エアコンのW数に幅があるのは、機種、使用環境、使用条件によって1円あたりの発熱量が大幅に変わるためです。

cyk********さん

2019/11/1400:22:09

ファンヒーター本体の裏側に1時間あたりの消費Lが記載されてます。
おそらく、0.25/hくらいかな
250ml消費

プロフィール画像

カテゴリマスター

wal********さん

2019/11/1322:40:23

私のように準寒冷地での生活なら石油ファンヒーターの方が安くなります。今18リットルで1500円で2缶買って一カ月で使い切りますので、このままの価格で行きますと月々3000円ですね。(厳密に言いますとファンヒーターを使う平日では多少の電気代が加算されます)起床時と帰宅時に短時間点けるだけですので、そんなに石油は消費しません。即暖性がありますしタイマーも付いていますので、起床時には部屋は暖かくなっていますし、帰宅時もスイッチを入れて風呂から出た時はへやは暖まっています。エアコンは2,8Kwを使っていますが、6畳の何時もの部屋と、ダイニングキッチン8畳を冷やしてくれます。まあ3000円でエアコン暖房を考えるのは無謀だと思いますので、あくまでも住環境と生活パターンで決まってきますよ。

あっちさん

2019/11/1316:40:59

近年のヒートポンプ型のエアコンでは、エアコンのほうが暖房費が下がることが出てきています。

電力料金にせよ、ケロシン(灯油)の価格にせよ、変動しますし、
ケロシンは時期や購入経路によって価格がかなり異なります。リッター70円と100円では大差があります。
いまのようにリッター100円近く、あるいは超えるようになってきますと、エアコンが有利になってきます。

エアコンは換気不要でしょうが、
換気の要る熱源だと、換気の手段も問題になります。
開放式のものは換気で暖気が多く逃げるためコストが上がります。FFだと効率はあがるでしょう。

ファンヒーターも電力を消費します。
着火方式や燃焼方式によって異なりますし、ファンを回す電力も必要です。


エアコンですが、購入・設置コストが最大の問題です。
寒冷地では、温暖地向けのエアコンでは暖まりません。寒冷地用エアコンは価格が高額です。

運用に関しては、ヒートポンプは騒音が大きな問題です。
エアコンは大変うるさいです。健康被害も出ています。

poi********さん

2019/11/1313:32:42

分かりません。

エアコンが有るなら試して下さい。

石油ファンヒーターは比較的に燃費は出しやすいです。 データとしても取説に載ってる筈です。

エアコンは外気温や室温の変化に応じて消費電力量が変わります。 だから省エネ運転が出来るのですが・・・

ワンシーズン どちらかで試して あなたの環境下でコストを出して下さい。 また、快適性なども含めてね。

エアコンは暖冬などが絡むと かなり違いますけどね(笑)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる