ここから本文です

新築予定です。

アバター

ID非公開さん

2019/11/1513:28:08

新築予定です。

この断熱仕様は性能が低いでしょうか?

壁 アクリア α 105mm

天井 アクリア α 255mm

床 アクリア Uボートα 120mm

4地域になり、気流どめ等の漏気処理もしてC値は0.5程度になるそうです。

閲覧数:
77
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

rri********さん

2019/11/1515:08:14

4地域なら十分だと思います。
UA値も0.4~0.5程度あるのではないですか。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tim********さん

2019/11/1611:36:12

UA値0.48であれば、4地域で概ねHEAT20G1レベル相当ですね。
このくらいあれば「断熱性能が低い」とは言えないと思います。
少なくとも、寒くてしょうがない家にはならないはずです。
省エネ基準(断熱等級4)程度だと寒くてしょうがないと思いますが。

「高断熱」と言えるためにはG2レベルくらいが必要かなというのが
ここ最近の感覚ではあります。
G1レベルより建物内温度差が少なくなるので快適性が増しますし、
それでいて冷暖房費も削減できます。
5、6地域だとこのレベルが一番コスパが良いように思います。
3、40年以上住むのであれば、冷暖房費の削減分で工事費アップの
元が取れて、その上快適性が向上するからです。

ただ、4地域だとG2へのコストアップ分が大きくなるため、
経済的に元を取るのは難しいかもしれませんね。
その意味では、G1程度がコスパが良いというのは一理あります。
(ただ、予算を捻出できないでもない感じであればG2をお薦めします)
G3ともなると、コスパという意味では完全に割に合わないと感じます。
予算が潤沢ならやるに越したことはないのですが。

C値が0.5を切るレベルなら、3種換気も悪くないですよ。
気密性が低い家だと、3種では計画換気がうまくいかなくなるので
1種の方が望ましいです。

熱交換も、予算が潤沢ならやるに越したことはないですが。
イニシャルコストとランニングコスト(電気代とメンテナンス)を
考えると、コスパを重視するなら3種は良い選択だと思います。
確かに熱交換がなければ暖房負荷は高くなりますが、
住んでる実感としては熱交換がないせいで寒いなとは感じません。
高断熱高機密住宅先進地の北海道では3種換気が主流です。

2019/11/1516:58:36

耳付きグラスウールに性能を求めてはいけません。
例えば、室内石膏ボードから外壁までの構成がどういったもので、何処で気密処理を行うのか、この辺りをしっかり確認しないと意味がありません。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kit********さん

2019/11/1516:49:45

外壁、天井、床の断熱材の仕様をみるかぎりでは、断熱性能等級4 の第4地域の基準を軽く超えていますね。特に天井の水準が高いと言えます。

具体的な数値は、熱抵抗値でも、A社の発表しているアクリア α(2種類あり)の熱伝導率は、公式な数値ではないので、返答に困るところです。通常の高性能グラスウールよりももっと高性能である事を疑う訳ではありませんが、公的な数値となってからその値を採用したいと思います。

一応、現在の公的な熱伝導率の数値で計算しても、天井、外壁、床のすべての部位で、平成28年基準(断熱性能等級4)を軽くクリアしています。
立派な水準ですよ。

別の回答者さんは最近、日本中でHeat20 のグレード3を目指せと言わんばかりの投稿を繰り返していますが、G3というのはそういう発表がどこかの研究会でなされただけであって、別に国のレベルでの目標ではありません。一部の工務店などが舞い上がってG3と盛んに宣伝していますが、このレベルを採用するなら、日射熱遮蔽や湿度制御に一層の配慮がなされるべきで、断熱性能だけの数字で突っ走るのはどうかと思います。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

kamapan_2006さん

2019/11/1515:28:22

①「気流止め」は「気密性能」には無関係ですよ。 更に「漏気」にも関係ありません。 関係するのは壁体内での「気流の発生による断熱性能の低下」なので、もう少し勉強されてからの方が、後悔の無い家づくりが出来ると思いますよ。

②「④地域」としてはまだ少ないでしょうね。 この家の「24時間換気扇」には何を使いますか?

③こちらが最近発表された政府系の団体が発表した「Ua値(外皮平均熱貫流率)」なので、参考にしてください。
https://www.yama-kk.com/information/heat20%E3%83%BBg3/

最近までのG-2が「①地域(北海道の内陸部)」=0.28でしたが、新しいG-3では「⑦地域(鹿児島県)」=0.26と逆転していて、政府としてはこの数値を新たな「トップランナー基準」とするつもりらしいので、参考にしてください。



「補足」があれば「追記」が可能です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる