今年のライオンスペシャル 全国高等学校クイズ選手権は、コメディー番組でしたか? 来年の40回記念大会は…超難問×クイズドキュメンタリー番組にした方がいいと思います。 そして、スーパー高校

今年のライオンスペシャル 全国高等学校クイズ選手権は、コメディー番組でしたか? 来年の40回記念大会は…超難問×クイズドキュメンタリー番組にした方がいいと思います。 そして、スーパー高校 生クイズマスターとして伊沢拓司さんが問題解説を務め、メインパーソナリティは放送日当日までシークレットにして、メインサポーター・応援マネージャー・応援ソングアーティストは、現時点で10代に絶大な人気を誇るアーティスト・俳優または女優を起用すべきだと思います。 そして今年の地区大会は、スマホ一斉形式を取り止めオール屋外で実施するというが良いと思います。 そしてやっぱり全国大会のスタジオパネリスト(芸能人)は、きっぱり廃止にした方が一番です! 事実上、桝太一期ラストの高校生クイズは、こんな感じにした方がいいと思います! 皆様はどうお考えですか?

補足

それでもダメなら…茂木健一郎カムバック!!

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

先の回答者さんもおっしゃっているように、 私も福澤さん司会の90年代(第11回~第20回)が好きでしたね。 特に、香港で決勝戦を行った第17回は「伝説回」と言っていいほど完成度が高かったです。最近ですと、第27回が良かったですかね。 しかし、それ以降は東大王もどきからIQサプリもどきと、紆余曲折が目立つようになっています。アメリカ横断ウルトラクイズ風な回もありましたが、やってる内容は 「それ、日本じゃできないのかね?」 みたいな、いまいちアメリカご当地感に欠けるようなものばかりでしたね。 先の回答者さんもおっしゃっていますが、この番組のメインは一体誰なのか。メインは「視聴率」? それとも「タレント」? そういう所を、最近のスタッフははき違えているように思いますね。 あとは、視聴者の皆さんが見ていてワクワクするような要素が、まるで盛り込まれていない。昔の高校生クイズは、ゲームの駒を進めていくかのようなアドベンチャー的な要素がふんだんに盛り込まれていました。だからこそ見ている側もワクワクしますし、参加している高校生たちにとっても、最高の思い出となる。 しかし最近の高校生クイズは、 「参加して良かった! 負けたけど最高に良い思い出になった!」 みたいな要素が微塵も感じられないですし、それはまた参加している高校生たちが可哀想にも思えてしまいますね。 スタッフは今一度、高校生クイズを第1回から見直した方が良いのでは?

紆余曲折が目立ちすぎて酷かったですか。 地頭力は、『ナゾトレ』『潜在能力テスト』にもひけをとらないですからね。 でも最高の想い出になれるような大会になるには、どうしたら良いのでしょうか? 高校生クイズが求めてるのは、視聴率なんでしょうか?それともクイズの質感なんでしょうか? 高校生が提出した3つの漢字を手がかりに9人の乃木坂メンバーが答えるのも流石に糞だし…。 メインパーソナリティを芸人にするのも糞だし。 ゲストパネリストも糞な人だらけだし。 だったら、メインサポーター・ゲストパネリスト・メインパーソナリティの代わりに『高校生クイズ応援マネージャー』を起用するというのはどうでしょうか?個人的には、3年A組で大活躍だった、森七菜を起用した方が良いかも…!

その他の回答(1件)

1

個人的には福澤時代が大好きなので、 ・問題難易度→最低限の知識と機転があれば解ける易しいもの。 ・解説→問題は易しめがいいので、必要性を感じません。 ・ドキュメンタリー→存分に入れてほしいです。 ・パーソナリティー等のゲスト→不要ですが番組の流れを切らず、参加する高校生のモチベーション向上につながるならアリかと。 ・スタジオゲスト→ぜひ廃止してください。 ・応援ソング→不要ですが、参加する高校生の(以下略 ・メインテーマ→いつになったらHollywoodは復活するんですかねぇ。 ・オール屋外→ぜひお願いします。可能なら、各地方の独自色を入れた形式で。 ・クイズ形式→せめて1回くらいは本気の〇×クイズと早押しクイズしませんか? 紆余曲折を経て、現在の形式になっているのは十分理解しているんです。 番宣やプロモーション等の関係でゲスト枠はどうしても必要だし、タイアップのための応援ソングは欠かせません。 年々視聴率が不安定になり、予算も限られる中で地方大会の開催は難しい。 全国大会にかけられる予算も減ってきている中で野外ロケをするのも大変でしょう。 一度、難問路線を外したので今さら難問に戻っても「『東大王』の二番煎じ」になってしまう。 でも、日テレ様。 今の『高校生クイズ』は視聴者が求める番組構成になっていますか? スタジオ解説や現地解説のタレント・芸人が主役ではありません。 総合司会のアナウンサーでさえ、主役を活かすための脇役です。 そして、主役はあくまでクイズに向き合う「高校生」です。 その役割が破綻したとき、高校生クイズは薄い内容のトークバラエティーに堕ちてしまいます。 高校生クイズ視聴者の恐らく大部分は、タレント・芸人のトークを見たいわけではありません。単にトークバラエティーとしてなら『行列』や『アメトーク』のほうが何倍も面白いんです。 『高校生クイズ』にしかない強みって何ですか。青春真っただ中の爆発的なエネルギーを持つ高校生の生の姿を伝えられるところじゃないんですか。なぜ、その番組の中核とするべき素材を捨てて、タレントや芸人の他愛もないコメントを拾うのですか。 主様の言うとおり、おそらく来年は桝時代ラストの高校生クイズです。 色々と書きましたが、『高校生クイズ』が少しでも多くの高校生が素敵な思い出を作る機会になればいいと思いますし、その思い出の一部分を、多くの視聴者が楽しく共有できる番組になればいいな、と思います。

1人がナイス!しています

高校生クイズの応援ソングをHollywoodに戻すべきですね。 クイズの内容は、1回戦から準決勝までオール○×クイズにして、最終決戦くらいは、7問限定超難問早書きクイズ(4勝先取)を実施すべきだと思います。 クイズドキュメンタリー要素をたくさん取り入れた方が一番だと思います!笑いの要素を捨てて。 パーソナリティやメインサポーターは、今年を以て廃止すべきですか。 その代わり、応援マネージャーとして3年A組で大活躍した女優・森七菜さんを起用するというのはどうでしょうか! (来年の高校生クイズは、例年通りだと思うけど、9/11か18あたりかな?放送は、あらなは19時56分から3時間にして。<でも個人的に衆議院選挙の投票日当日に高校生クイズの全国大会を放送してほしい>)