ここから本文です

時効について質問です。

アバター

ID非公開さん

2019/11/2316:05:45

時効について質問です。

債務者が、時効完成後に、その事実を知らずに債務の承認をしても時効の利益の放棄にはなりません。
しかし、その後に債務者が時効を援用することはできません。
結局、同じ結論になるということですか?

閲覧数:
10
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/11/2316:20:14

①時効利益の放棄という構成によれば、時効完成について悪意であることが必要であり、時効完成について善意の場合、時効利益を放棄したとにはなりません。

②時効援用権の喪失という構成によれば、時効完成について善意・悪意を問わず、信義則上、時効援用権を喪失することになります。

①によれば、時効完成について善意の場合、時効援用ができるのは妥当ではなく、さりとて、常に悪意を擬制することは事実に反します。

判例は、①の立場を放棄して、②の立場を採用しています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる