ここから本文です

ある高校の数学の教員から「高校の数学Ⅲの内容は数学Ⅰ、数学A、数学Ⅱ、数学Bの内...

kyt********さん

2019/11/2809:39:42

ある高校の数学の教員から「高校の数学Ⅲの内容は数学Ⅰ、数学A、数学Ⅱ、数学Bの内容よりもむしろ簡単で問題演習もやりやすくて、

数学Ⅲの内容が分量が特に多くて難しいということはなく数学Ⅲの微分積分の内容は数学Ⅱの微分積分の内容よりも簡単で楽だ」と言われましたが、これは本当ですか?

補足上記が青チャートのレベルならどうですか?

閲覧数:
288
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ran********さん

2019/11/2809:52:28

むしろ簡単で問題演習もやりやすい
→低レベルはその通り
→レベルが高いと何していいわからないのが増える

分量が特に多くて難しいということはなく
→低レベルはその通り
→公式はかなり多いが、逆に公式だけ知ってれば解ける問題が多い

数学Ⅲの微分積分の内容は数学Ⅱの微分積分の内容よりも簡単で楽だ
→レベルに関係なく、あり得ない

数学Ⅱの微分積分の内容がそもそも高校数学でもっとも内容がない。普通は数3を履修したら、数2の微積はほとんど意識しない(一部だからどこからが数2かわからない)。数2の微積は教えれば中学生でも簡単なはず。公式二個しかでてこない。

  • 質問者

    kyt********さん

    2019/12/308:36:44

    高校の数学Ⅲの内容は数学Ⅰ、数学A、数学Ⅱ、数学Bの内容に比べて難易度が高くて分量もとても多いと考えて良いという事でしょうか?

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

質問した人からのコメント

2019/12/3 11:06:36

ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yok********さん

2019/12/120:31:16

私は青チャートを用いていましたが、最後の巻末付録の演出問題まで解きました。国立大学の入試レベルです。
複素数平面や極限、微分積分の単元はかなり難しいです。
エクササイズレベルでは複素数平面以外の問題はほとんど難しくありません。数学12abまでの集大成とも言える単元でこれらの知識があることが前提です。また極限や微分積分では独特の考え方がたくさん登場するので解き方を覚えていかないといけません。
入試レベルまでを考えるとかなり分量が多いです。

Robertさん

編集あり2019/11/2811:59:40

それは数Iと数IIBなどがキチンと理解出来ているという前提条件が付きます。

数学や理科科目は積み上げ型ですので、ベースが理解出来ている人達にとっては、比較的容易だと思います。

プロフィール画像

カテゴリマスター

wan********さん

2019/11/2811:52:48

数学Ⅲは高校3年で履修するため、半年で受験レベルに達する必要があります。
他の単元に比べて非常に期間が短いですから、その内容さえ理解できれば簡単なのかも知れませんね。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2019/11/2810:25:58

極限や連続、微分可能の意味等、微積の基礎を深く理解するのは簡単ではないかもしれない。それから複素平面も。

難関大学はそういうところをついた問題を出題する。

東大の過去問とか調べるとよい。
極限、体積、複素平面で難易度高めの問題が出題されているはず。

m(_ _)m

hou********さん

2019/11/2810:00:42

嘘ではないですね。
数学IIIの微積分は、関数が増えるだけといえば言い過ぎですが、そういう感じで、ひたすら計算が面倒です。ただ、式を立てるのが難しかったり、発想を飛ばすことが必要だったりすることは少なく、そういう意味では数学IIやBより楽だと思います。
ただし、数学IIIは融合問題が多く、融合部の数IIやBのところで取っ掛かりに苦労する事が多くありますね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる