ここから本文です

投票受付終了まであと4日 ベストアンサーにふさわしい回答に投票してください

投票すると知恵コイン5枚プラスされます。

刑事訴訟法319条1項の自白法則について、違法排除説に立った場合、違法排除はされ...

アバター

ID非公開さん

2019/12/100:07:08

刑事訴訟法319条1項の自白法則について、違法排除説に立った場合、違法排除はされないが自白の任意性が否定される事案はどう処理しますか?

補足具体的には、私人から脅迫された自白した場面です。
この場面でなされた自白の任意性を排除法則説でどのように処理できるのか思い浮かびませんでした。

なぜかと言いますと、排除法則は、違法捜査抑止を要件とするところ、私人に対する自白を違法捜査と評価できるのか疑問だからです。

閲覧数:
17
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

回答

1〜1件/1件中

sup********さん

2019/12/800:19:53

刑事訴訟法でその規定が明らかなので
検察に告訴すれば適切な処理がなされると思います

  • アバター

    質問者

    ID非公開さん

    2019/12/800:55:36

    司法試験受験生としての質問です。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる