ここから本文です

回答受付終了まであとわずか 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

泌尿器科で睾丸、陰囊の触診検査を受けた方おられますか。 その時の様子(体位、痛...

aaa********さん

2019/12/810:00:03

泌尿器科で睾丸、陰囊の触診検査を受けた方おられますか。
その時の様子(体位、痛みなど)をお知らせください。その
際、前立腺触診、エコー,MRIなどもされましたか。

閲覧数:
61
回答数:
2

違反報告

回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

por********さん

2019/12/1221:04:52

睾丸、陰嚢の触診検査は痛みはありません。
ただし、睾丸や副睾丸に炎症があって腫れている場合は、
さわられると痛いです。
「痛い」と言えばすぐに手を離してくれますので心配いりません。

体位は、まず診察ベッドに仰向けにねてパンツをおろして、
医師がゴム手袋をして触診し、次に立った姿勢になり、
同じように触診します。
睾丸の様子を診るためにエコーを使うこともあり、
この時はベッドに仰向けに寝てエコーの機械を
陰嚢にあてるだけで、痛みはありません。

エコーにより、もしも睾丸に異常が疑われる場合は、
睾丸のMRIを行うこともあります。

睾丸と前立腺は精管でつながっていますので、
もし睾丸や副睾丸が腫れている場合は、
前立腺も腫れていないかどうか調べるために、
前立腺触診を行うと思います。
前立腺触診は一般に強い痛みはありません。

エコーですが、人事課長さんの回答にでてくる
棒状の物が肛門に入るように検査用の椅子に座る、
というエコーはかなり古い時代のもので、
現在の主流は、患者がベッドに横向きになって寝て、
膝を抱えるように丸くなり、お尻をつき出すような体位で、
肛門へ棒状のエコーの機械(棒状)をそーっと入れます。
これにより、前立腺が画面に映し出されます。
この検査も前立腺触診同様、強い痛みはありません。

人事課長さん

2019/12/1018:46:44

泌尿器科にかかったことがありますが、診察室によくある丸い椅子に座ってパンツを足元まで下げて両足を広げ、先生が前かがみで手袋して触っていました。その際の痛みはありません。また、別の機会で泌尿器科に行き、前立腺炎の症状だったようなので中心に細い心棒がぐるぐる回っている椅子に座る様言われました。その心棒にはジェルがたっぷり塗られており、ゆっくりお尻を落としながらその回っている心棒を肛門に入れるよう指示されました。
その装置が前立腺を見るためのエコーのような物の様でした。

  • 人事課長さん

    2019/12/1111:41:13

    【追記】前立腺炎の疑いのための前立腺触診は、ベッドにあおむけに寝てパンツを足元まで下げた後、股を広げて、手袋をした先生が指を肛門に入れて触診されたような記憶があります。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる