ここから本文です

回答受付終了まであと2日 回答を投稿すると知恵コイン15枚が追加されます

2か所以上の給与所得の場合

アバター

ID非公開さん

2019/12/817:00:03

2か所以上の給与所得の場合

給与の収入金額の合計額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。

2ヶ所から 60万円 と120万円の180万円の収入がある時
給与所得控除 65万を差引いて115万
150万以下であると 考えてよいですか?

150万円の給与とは
2か所給与の時は2か所の給与を合算して 65万円を控除でよろしいですか?

補足国税庁HP
給与所得者で確定申告が必要な人

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1900.htm

からの抜粋です。
ぜひ回答していただきたいです。

閲覧数:
23
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ID非公開さん

2019/12/818:06:00

給与所得控除は所得控除ではない。
よって150万以下にはならないので確定申告が必要。

プロフィール画像

カテゴリマスター

yah********さん

2019/12/817:23:48

>2ヶ所から 60万円 と120万円の180万円の収入がある時
>給与所得控除 65万を差引いて115万
>150万以下であると 考えてよいですか?

いいえ、150万が対象は、収入が150万なので、
違います。


#給与所得控除を考えると、掛け持ちで201万の収入までは、
乙欄適用で、極端に所得税が安くなってしまいます。

びっくりした~~。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pat********さん

2019/12/817:12:23

掛け持ちということでしょうか?

所得税の計算は 1.1~12.31に受け取ったお給料支給額を合算し
計算することになっています。

掛け持ちの場合は 扶養控除申告書は 一か所にしか提出できないため
提出した勤務先では 年末調整を受けることができますが その他の収入は 乙蘭適応となるため 年末調整を 受けることができません。



2ヶ所から 60万円 と120万円の180万円の収入がある時
給与所得控除 65万を差引いて115万
150万以下であると 考えてよいですか?
>違います。

60万円 + 120万円 + 180万円= 360万円が年間お給料支給額 となり

お給料支給額 360万円ー 給与所得控除 126万円(収入金額×30%+180,000円)=年間給与所得 234万円として 計算します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる