ここから本文です

不動産の隣地への売却ですが 所有の物件を売却する場合 どの様なルートで隣地の...

アバター

ID非公開さん

2019/12/207:58:04

不動産の隣地への売却ですが
所有の物件を売却する場合
どの様なルートで隣地の地主へ
話を持ちかけた方が良いのでしょうか。

ちなみに隣地の地主は話す程度の知り合いです。
希望額が若

干高めの設定なので直接ではどうかと思いまして。

閲覧数:
15
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hok********さん

2019/12/211:38:20

直接交渉は一番揉めやすい話です。
すっきりいくのは宅建主任者がいる不動産屋に仲介を依頼する事です。
隣人に直接話を振って、スムーズな取引になりよう仲介業者を挟むと言ってしまっても良いかも知れません。
言った言わない、払った払ってないが往々ににして起こりますから、第三者を立てるのが一番利口だと思います。その為の仲介手数料です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2019/12/211:06:12

あなたが売却に当たって隣家をターゲットとするのは不思議では
ありませんが、それは本来、仲介業者が為す作業ですよ。

あなたが直接行けば、隣家は「お隣さんのよしみで」と、自分に有利に
なるように捉えるでしょう。
しかも反面、素人同士の会話では、トラブルのネタになることも十分に
考えられます。

多くの場合、「売買仲介」専門業者は、
―――ご挨拶と言う大義名分を準備して隣家に営業を―――かけます。
なぜなら隣家が購入する確率が最も高いからです。

仲介業者へなら、あなたは「自分に有利」になるように求めて、業者は
隣家に適宜な営業トークで通訳交渉も期待できるでしょう。

あなたは「自分に有利に」・隣家は「自分に有利に」と、それぞれを
仲介業者は上手に調整しながら話を進めるはずです。
宅建業法自体が、売主・買主に公平になるよう設定されているのです。

以上、参考になれば幸です。

osa********さん

2019/12/208:31:27

隣家が買う気があるか不明、直接聞く以外にない

プロフィール画像

カテゴリマスター

rifujin2013さん

2019/12/208:07:29

直接の交渉を避けたいなら、一般的には不動産屋に相談ですね。

代理人を立てるなら弁護士となります。

価格や規模にもよりますが、「話す程度の知り合い」なら、直接話し合いを持たれたほうが良いと思いますが・・・。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる