ここから本文です

トラウマについて。 高2の女子です。 私は小6から乗馬をしていました。 ほんと...

アバター

ID非公開さん

2019/12/221:24:16

トラウマについて。
高2の女子です。
私は小6から乗馬をしていました。
ほんとに馬と乗馬が好きで、乗馬を続けるのはすごくお金がかかるけど、ここまでハマったものは初めてだったので両親も

快く続けさせてくれました。
ですが、5年ほど続けていて、一度も落馬をしたことがなかったのに、5年目で初めて落馬をしました。
落ちると思っていなかったタイミングだし、すごくトラウマになってしまいました。
もともと私はすごくビビリで、常にビビりながら馬に乗っていましたが、そこに追い討ちをかけるように落馬をしてしまって…
それからは馬に乗っても怖くて動かず、レッスン終了まで何もできずに終わっていました。
続けたい気持ちはあったけど、もう怖くて乗れる気がしないし、こんな状態で親にお金を払ってもらい続けるのは申し訳なくなり、退会してしまいました。
やめてから半年以上経つ今でも馬に乗りたいです。
でももう一回始めてもどうせ乗れないだろうなと思い、再開することを決められません。
どうしたらいいでしょうか?

閲覧数:
223
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ikk********さん

2019/12/817:45:35

落馬は乗馬での不安や恐怖の誘発原因の1番大きなものですから、なるべく起きないような環境づくりをするのが乗馬クラブや指導員の責務です。
1度落馬を経験するとやはり上達への妨げになることが多いです。

落馬はあって当然みたいに考えている方がいますがそれは間違いです。
落馬の責任はそのほとんどがクラブや指導者にあって、決して自己責任ではありません。そのような考え方の方は乗馬の指導をすべきではありません。
しっかりと馴致を行い、騎乗者のレベルにあった馬を作ることがクラブや指導者の最も重要な仕事なのです。

どのようなクラブでどこまでのレベルで乗馬をされてきたか分かりませんが、、常にビビりながら馬に乗っていました、というのが凄く気になります。
まず常歩からもう1度ゆっくり馬に馴染んでいかれるのが良いかと思います。
常歩には常歩の面白さがあって馬に騎乗者を気持ちを伝える訓練としてとても有効な歩法と思います。
ハミと拳の関係、脚扶助の重要性、体重バランスのとり方が非常に勉強できると思っています。
これを無視して速歩や駈歩をやろうとするから馬上でのバランスが崩れ不安定になって馬上での不安感が出るのだろうと思います。
馬とのコミュニケーション作りはまず常歩からと思います。
それが出来ればビビることもありませんし、乗馬を楽しむことが可能になると思っています。

乗馬で1番大切なのは安全確保と思っています。それに重点を置いている乗馬クラブは数多くあります。
色々なクラブを回ってみてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hat********さん

2019/12/814:29:40

乗馬クラブをやっている者です。

5年しっかり続けて落馬が初めてという方は少ないですね。
怖がりな子供も多いので、仰ることはよくわかります。
他のクラブで、あなたと全く同じ理由で乗れなくなった同年代の学生や、大人の方も多く見てきましたし、よく相談も受けます。
乗馬では、一度怖い思いをすると、一生そのトラウマから抜けだせなくなる方は多いです。とてもデリケートな問題です。乗馬を続ける上でつまづく原因の一つで、あなたと同じくたくさんの方が感じる、困難な壁でもあります。

あなたは、ここでその質問をするほど、馬が好きなんですよね。
そして乗りたい、また続けたいという答えは出ていますが、踏み出せない。
気持ちは伝わってきます。同じ気持ちの人はたくさんいます。それは普通のことなのですよ。

さて、質問の「どうしたらよいか」についてですが、答えは明白です。
乗馬にチャレンジするべきと思います。

ただし、全て自己責任です。どんな結果になってもクラブ側は一切責任を負わないです。
普通に乗馬を続けていけば、間違いなく、さらに怖い場面はたくさん出てきます。

しかし、そうなっても、あなたが馬が好きなのは変わらないと思います。
そうした困難に直面したとき、また乗りたい、まだ乗りたい、という気持ちが、怖いを超えるくらい強いなら、迷わず乗ってください。

私の師匠がよく言ってましたが、‟諦めることはいつでもできる”ということです。


一つ補足しますが、乗馬クラブは一つではありません。
一回限りできちんとレッスンしてくれるクラブは、離島でもない限り、全国探せばどこでもあります。
問題が乗馬クラブ側にある、そこまで言わずとも、そのクラブだとまた恐怖がフラッシュバックする、とかなら、事前に電話であなたの現状をしっかり伝えて相談した上で、受け入れてくれるところを探すのも有効な手段です。
それに、指導者も人です。上級とか資格なしとか関係なく、千差万別です。
その恐怖は、気合や根性でどうにもならないことが厄介ですから、そうしたことをよく理解してくれる良い指導者に出会えれば、克服できる可能性は高いと思いますよ。

チャレンジして、でも失敗して、やっぱりダメ、乗れない、怖い、という思いになったら、またその時に、大いに悩み、そのとき考えればいいのです。馬に乗ること以外でも、馬と触れ合える環境は他にもあるし、答えは一つではないですよ。
ただ、今はチャレンジした方がいいですよ。それは断言できます。
今諦めると後悔が残ると思います。あのとき、やっとけば良かったと思うのは、好きなことほど、辛いですよ。
それなら、怖くても乗った方がいい。そうでしょう?

長くなりましたが、頑張って答えを見つけてください。

ジョイさん

2019/12/517:42:28

トラウマの治療なら、専門家(トラウマの治療をしている臨床心理士など)に相談するのがいいと思います。
多分、乗馬でトラウマになった人の相談を受けている人はいると思うのでその人に相談して、乗馬をできるようにするのがいいと思います。

vol********さん

2019/12/222:06:11

落ちるぐらい大丈夫ですよ。
私は乗馬歴30年ですが数え切れないほど落馬をしたし、見てきました。
子どもの落馬で大事故になったのを見たことがないです。
咄嗟の反射神経が違うのですね。

馬が怪しい動きをした時の凍るような恐怖感はとても分かります。
しかしある先生が言いました。
「怖がって乗ってると背中に乗られてる馬の方はもっと怖いんじゃ!」

コントロールするのはあなたです。
馬は司令塔が頼りないとこの人の言う事を聞いていて大丈夫なんだろうかと不安になります。
上手に支配してあげて下さい。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる