ここから本文です

外装塗装工事について

05300915さん

2019/12/412:21:54

外装塗装工事について

初めて自宅の外装塗装工事をします。

ある業者さんが、コーキングがひび割れている部分は新しくする、まだ大丈夫な所は上から塗装すれば10年は持つと言われました。
10年後に、ダメになった所は新しくして、値段的に抑えていきましょうと言われました。

もう1つの業者さんは、コーキングを全て新しくした見積もりを出してもらいました。強度的にも長く持つものだと感じました。

その見積もり差額は14万でした。
トータルで考えると、どちらを選んだ方が良いでしょうか?


14万は大きなお金です。

閲覧数:
64
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

シーリングは10年も持たずして劣化します。もちろん、日当たりの良し悪しも関係しますが、外からではすべての劣化状態が分かるわけではないので、打ち替えるときにはすべて撤去してから打ち替えるべきものです。

残念ながら、「コーキングがひび割れている部分は新しくする、まだ大丈夫な所は上から塗装すれば10年は持つ」といった業者は、知識がないか、見かけの安さだけで仕事を取ろうとする程度の低い業者であると思われます。

質問した人からのコメント

2019/12/8 18:29:13

アドバイスありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

塗装職人さん

2019/12/614:27:23

大丈夫なように見えるか見えないかは、劣化度の幅が広すぎて明確な答えが出ないため現場のケースバイケースです。

ただ確かに大丈夫に場合もあります。
要は打ち替えと打ち増しの違いですね。
部分的に増し打ちでも大丈夫な家は結構あります。

費用をいとわない施主にすれば全面撤去打ち替えが業者としてもありがたいですが、実際には必要ないオーバーワークな部分は除きたいと思うのが消費者です。

理屈で言えば業者も全面撤去打ち替えといっておいた方が、相見積もりなどの他業者との競争においても間違いな言い方ではあります。

それよりなによりサイディングやALCのお家に住む方はこちらが一番重要です。
https://youtu.be/SD2bjbx_n_I

yos********さん

2019/12/414:55:01

コーキングは材料を製造している会社自体が寿命5年と言っており当然施工会社(新築)も保証期間5年なのに修繕工事のタイミングで打換えしない理由はないですよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

pot********さん

2019/12/413:21:58

それぞれの元の金額は?

通常は全てのコーキングは打ち変えが良いです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる