ここから本文です

訪問介護の生活援助について質問です。

kyu********さん

2019/12/516:49:27

訪問介護の生活援助について質問です。

要支援の方の生活援助で掃除に入っています。トイレの便座の器具を取り外して拭いたりと言うのは、やっていいのでしょうか❔
大掃除にあたらないですか❔

閲覧数:
107
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tih********さん

2019/12/1016:11:22

最近はそういった掃除をしやすいように、ボタン一つで便座が外れるのを売りにしているトイレもありますよね。

規定としては、これはダメ等と言った細かい指針はありません。
極端な話をすると、その掃除をしないことで、生命に危険が及ばない範囲は大掃除と見るのが妥当でしょう。なので、窓拭きは入っていないんです。
窓はどんなに汚くても高齢者は死にませんからね。
これはあくまでも極端に考えればです。
あとは、それまでの生活状況をアセスメントして事業所として判断します。
ケアマネはあくまでも別事業所の人なので、訪問事業所の中で方針が決まってから話をした方が良いですよ。

それよりも問題の根本が違うように思います。
訪問介護は一対一の業務なので、サービスの統一化は徹底した方がいいと思います。
当方では、手順書を作り、訪問したときに車はどこに停めるとか、チャイムを鳴らす(鳴らさない家もあるので)とか、挨拶して近況の確認の時には体調の他、家族の訪問状況(独居)、通院状況を聞く(3分)、
掃除機かけ(移動して掃除するもの:食卓椅子、カーテン)(8分)等、そのお宅を出るまでの内容と時間を区切って示し、その通りに行っています。
また、その手順書は利用者担当の職員が作成し、ケア会議でその通りに出来ているかや、利用者の状態変化、他のヘルパーからの情報を基に随時変更して回覧。その通りにしないで勝手に違うことをする職員は指導するようにしています。
もちろん、利用者からそんな情報を得たときには報告するようにもしています。
(利用者からあのヘルパーさんはやってくれたなんてことを聞いたときは、勝手なことをしたその職員に指導する理由になります。)
もちろん、手順書はケアプランに沿った内容で作成しますので、何をしなければならないのかも明確にしてありますので、記録も統一化され評価もしやすくなります。
介護の統一化が計られ、また、何を評価するべきか明確になり、はじめての職員もそつなくこなすことが出来るようになるので、試してみてはいかがでしょうか?

つまようじ掃除は誰かが最初にやったんだと思います。一人がやると皆やってくれるべきと言う主張になりがちです。
予防策として、最初のサービス提供する前に、おおよその流れを利用者側と確認し、変更の必要がある時や新たな希望がある時には直接ヘルパーに頼むのではなく、必ず事業所を通してもらうことを伝えておきましょう。また、ヘルパーに対しても、手順書にない事を依頼されたときは、その場では対応せず、必ず持ち帰って報告するように徹底します。
やむを得ずその場で対応してしまったとき(断れなかった時)は、必ずサ責が利用者宅に訪問し、もう一度事業所を通さない依頼はしないようにお願いすると共に、今回だけとするのか、今後も継続してその対応をする必要があるのか、(場合によってはケアプランに影響する場合もあるので)会議で相談してから返事をするので、それまではヘルパーは対応できない事を改めて伝えていきます。

気を効かせて「やってあげた」と喜ぶ職員は存在しますが、誉める対象ではなく、それは組織としてはあるまじき行為であり、恥ずべき行為であることを手順書を通してわかってもらうようにしています。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

oto********さん

2019/12/519:22:21

その方が、要支援になるまでそのように掃除をなさって
いたのなら普段の掃除の範疇に入れても・・・とは
思いますが、常識的には大掃除になります。

サ責さんやケアマネさんにご相談ください。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる