ここから本文です

築30年の木造建築の家屋に住む者です。屋根裏部屋を作ろうとして上ってみると、普...

アバター

ID非公開さん

2019/12/701:33:22

築30年の木造建築の家屋に住む者です。屋根裏部屋を作ろうとして上ってみると、普通あるはずの雲筋交いが全くありませんでした。そのため部屋は作りやすかったのですが、少し心配です。屋根の形状は奇棟屋根です。雲

筋交いは無くて大丈夫なものなのでしょうか。また、自分で付けるとなったらどのようなことに注意すればよいでしょうか。

補足ついでに柱の間にある普通に筋交いも確認してみましたが、確認できる範囲で一箇所不足していました。これも耐震上どうなんでしょうか。

閲覧数:
86
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jco********さん

2019/12/1108:55:12

築30年の木造建築住宅に耐震も何も100パーセント在りません
木造建築住宅の耐震の勉強をして改造補強が必要です。

素人では耐震の補強は大変難しい事になります。
たまたまお宅の住宅が大地震にあっていないだけですね。
阪神淡路大地震には築何年であろうが鉄筋で在ろうが
全て崩壊していますよ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる